コンテンツ 一覧

『響~小説家になる方法~』感想② あと乳首な #響 #小説家になる方法 #柳本光晴

『響~小説家になる方法~』感想② あと乳首な #響 #小説家になる方法 #柳本光晴

昨日書いたとおり、大好きな作品ではあるのですが、ちょくちょく気になることが。 これと これね。 どちらもシリアスでキャ...

記事を読む

『響~小説家になる方法~』感想① 純文学とは #響 #小説家になる方法

『響~小説家になる方法~』感想① 純文学とは #響 #小説家になる方法

これは、と思いました。 とある文芸編集部の新人賞宛に送りつけられた、直筆の投稿原稿。 編集部員の花井は、応募条件を満たさず、 ...

記事を読む

『BARレモン・ハート』 当方、味音痴やさかい…… #レモンハート

『BARレモン・ハート』 当方、味音痴やさかい…… #レモンハート

酒の世界も死ぬほど深いからね……。 心優しき男たちが夜毎集う酒場、『BARレモン・ハート』。名人マスターの人を見る目は酒を見る目。...

記事を読む

『あさひなぐ』感想② まさかの哲学 #あさひなぐ

『あさひなぐ』感想② まさかの哲学 #あさひなぐ

『あさひなぐ』の中で一番好きな人物、もちろん旭ちゃんも好きなんですが、でも、一番は彼女ですね。 河丸摂さんとおっしゃる...

記事を読む

『あさひなぐ』感想① 新時代のスポ根やないの #あさひなぐ

『あさひなぐ』感想① 新時代のスポ根やないの #あさひなぐ

マツオさんが「武道系の漫画で一番」って言ってたから…… 二ツ坂高校一年、東島旭(とうじま・あさひ)、15歳。 中学まで美術部だっ...

記事を読む

『幸せな小金持ちという生き方』 人間には分相応という考えがあってね

『幸せな小金持ちという生き方』 人間には分相応という考えがあってね

まー、また、この手の本ですわ。 著作累計550万部! 大ベストセラー作家 本田健の原点がここに。 ゴマブックス刊【初期3作...

記事を読む

『1973年のピンボール』 何か言っているようで何も言っていない #1973年のピンボール #村上春樹

『1973年のピンボール』 何か言っているようで何も言っていない #1973年のピンボール #村上春樹

これ、果たして三部作の二作目として成立しているのかしら。 「電灯のスイッチを切って扉を後ろ手に閉めるまでの長い時間、僕は後ろを振り向かなか...

記事を読む

『東雲侑子は全ての小説をあいしつづける』 最後まで読んじゃったよ #東雲侑子

『東雲侑子は全ての小説をあいしつづける』 最後まで読んじゃったよ #東雲侑子

一気買いしたのでやっぱり読んじゃった。 3年生になり、卒業後の進路の事を考えなくてはならない英太。東雲はやはり進学するという。特別...

記事を読む

『江戸文学問わず語り』感想② また読みたい #江戸文学問わず語り #円地文子

『江戸文学問わず語り』感想② また読みたい #江戸文学問わず語り #円地文子

いまはまだ、読めるレベルにないと判断しました。 前回も書きましたが、浅学なのを恥じるのみ。 十返舎一九や滝沢馬琴など、まるで無知。こ...

記事を読む

『江戸文学問わず語り』感想① 浅学をただ恥ずかしむ #江戸文学問わず語り #円地文子

『江戸文学問わず語り』感想① 浅学をただ恥ずかしむ #江戸文学問わず語り #円地文子

作者さんは小説家らしいです。 父方の祖母が生きた江戸の末期。文学・演劇・音曲等々……。幼い頃から様々な話をとりとめなく聞いて育った...

記事を読む

『京大式 おもろい勉強法』 これ勉強法ちゃうやん #京大式 #おもろい勉強法

『京大式 おもろい勉強法』 これ勉強法ちゃうやん #京大式 #おもろい勉強法

違ったなー。 アフリカでゴリラ研究を重ね、総長の仕事は「猛獣使いだ」という人類学者の京大総長によるグローバル時代の発想術。考えさせ...

記事を読む

『骨は珊瑚、眼は真珠』 感想 #池澤夏樹 さん、ヤリ手やね #骨は珊瑚、眼は真珠

『骨は珊瑚、眼は真珠』 感想 #池澤夏樹 さん、ヤリ手やね #骨は珊瑚、眼は真珠

なかなか味のある短編集。こういう物語も書けるんだ、という発見。 ぼくは不安な気持ちを持ったまま、幸福にやっていくよ。――「眠る人々...

記事を読む

#「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 感想② すげぇリテラシーだよ

#「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 感想② すげぇリテラシーだよ

みんな大好き、司馬遼太郎。 戦国時代の下剋上、幕末維新の大転換、明治から昭和への連続と断絶……歴史のパターンが見えてくる 当代一...

記事を読む

#「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 感想① 読ませるね、#磯田道史 さん

#「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 感想① 読ませるね、#磯田道史 さん

みんな大好き、司馬遼太郎。 戦国時代の下剋上、幕末維新の大転換、明治から昭和への連続と断絶……歴史のパターンが見えてくる 当代一...

記事を読む

『東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる』 つい、読んでしまった

『東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる』 つい、読んでしまった

前作がまとめ買いで安かったのかしら?買った記憶がないのに、kindleに入ってました。不思議。 そして、そのまま読了。 2年...

記事を読む

『河童』 芥川……ちょっと後半、衒学的じゃない?

『河童』 芥川……ちょっと後半、衒学的じゃない?

マツオさんが「天才だ」というから読んでみた。 天才かもしれないけど、ちょっと軽い印象。 大正期に活躍した「新思潮派」の作家、芥川...

記事を読む

『スティル・ライフ』 春樹のようで春樹でない

『スティル・ライフ』 春樹のようで春樹でない

この文体とやれやれ系主人公感、春樹的としか思えませんでした。 「大事なのは、山脈や、人や、染色工場や、セミ時雨などからなる外の世界...

記事を読む

『東雲侑子は短編小説をあいしている』 薄味でした

『東雲侑子は短編小説をあいしている』 薄味でした

たまーに読みたくなるんですな、ラノベ。 何事にも無気力、無関心な毎日を過ごす高校生、三並英太。楽そうだからという理由だけで図書委員になった...

記事を読む

『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている』② やっぱりファミレスは良いよね

『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている』② やっぱりファミレスは良いよね

前回の記事の続き。 雑誌『散歩の達人』の連載エッセイ、待望の文庫化!収録されているのは、吉野家、ロイヤルホスト、CoCo壱番屋、び...

記事を読む

『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている 』① 何も悪いことない

『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている 』① 何も悪いことない

チェーン店を馬鹿にする人はチェーン店に泣けばいい。 雑誌『散歩の達人』の連載エッセイ、待望の文庫化!収録されているのは、吉野家、ロ...

記事を読む

『お母さんの「敏感期」 モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる』 言っていることは肌に合う

『お母さんの「敏感期」 モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる』 言っていることは肌に合う

子育て本も結局、好き嫌いに集約されるところがあります。 20世紀初頭、イタリアのマリア・モンテッソーリ博士が生み出し、今も世界中で...

記事を読む

2017秋 本の噺②

2017秋 本の噺②

読書そのものを目的にせよ。

記事を読む

『風の歌を聴け』 春樹、やっと電子書籍化

『風の歌を聴け』 春樹、やっと電子書籍化

マツオさんがハルキストだし、読んでみようかと思っても電子書籍化されておらず。長らく諦めていましたが、この度、電子書籍化されました。 春樹、...

記事を読む

『行人』③ 現代人の悩みっていうけどさ

『行人』③ 現代人の悩みっていうけどさ

どんどん神経衰弱していくんですよ、登場人物が。 位置: 4,065 自分の想像は、この時その美しい眼の女よりも、かえって自分の忘れようと...

記事を読む

『行人』② 兄貴がまた、いい具合に神経質なんだ

『行人』② 兄貴がまた、いい具合に神経質なんだ

この物語の焦点は、前半は兄貴のものです。 位置: 1,823 二人はすぐ山を下りた。俥にも乗らず、傘も差さず、麦藁帽子だけ被って暑い砂道...

記事を読む

『行人』① じわじわくる味わい

『行人』① じわじわくる味わい

漱石文学のなかでも、かなり好きな方です。 明治期の文学者、夏目漱石の長編小説。初出は「東京朝日新聞」「大阪朝日新聞」[1912(大...

記事を読む

『アオイホノオ』原作マンガ これは壮絶な内輪ネタやで

『アオイホノオ』原作マンガ これは壮絶な内輪ネタやで

原作を読んでみました。 同時代に生きていた人ならなお楽しく読めるでしょうね。 原作者様、先輩の漫画家の皆様、 実力不足で連載決...

記事を読む

「ミルグラムの実験」結果って人情だと思うのよね

「ミルグラムの実験」結果って人情だと思うのよね

色々ありまして。 先日、『100分で名著』をなんとなく観ていたら『ミルグラムの実験』に触れたシーンが有りました。 実験は、平...

記事を読む

『インベスターZ』のいいセリフ

『インベスターZ』のいいセリフ

三田紀房作品は、結構ハッとするような事を言ってくれるので好きです。特に野球もの。 最近、Kindleでセールやってた投資漫画『インベス...

記事を読む

『メシ鉄!!!』 量産型メシ漫画ではある

『メシ鉄!!!』 量産型メシ漫画ではある

ほんと、最近この手の漫画が多すぎて困ります。 好きだから、困るんですけどね。 駅弁、駅蕎麦、駅ごはん。それらを食べつつの鉄道旅、...

記事を読む

1 2 3 4 23