一覧

『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている』② やっぱりファミレスは良いよね

『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている』② やっぱりファミレスは良いよね

前回の記事の続き。 雑誌『散歩の達人』の連載エッセイ、待望の文庫化!収録されているのは、吉野家、ロイヤルホスト、CoCo壱番屋、び...

記事を読む

『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている 』① 何も悪いことない

『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている 』① 何も悪いことない

チェーン店を馬鹿にする人はチェーン店に泣けばいい。 雑誌『散歩の達人』の連載エッセイ、待望の文庫化!収録されているのは、吉野家、ロ...

記事を読む

『お母さんの「敏感期」 モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる』 言っていることは肌に合う

『お母さんの「敏感期」 モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる』 言っていることは肌に合う

子育て本も結局、好き嫌いに集約されるところがあります。 20世紀初頭、イタリアのマリア・モンテッソーリ博士が生み出し、今も世界中で...

記事を読む

2017秋 本の噺②

2017秋 本の噺②

読書そのものを目的にせよ。

記事を読む

『風の歌を聴け』 春樹、やっと電子書籍化

『風の歌を聴け』 春樹、やっと電子書籍化

マツオさんがハルキストだし、読んでみようかと思っても電子書籍化されておらず。長らく諦めていましたが、この度、電子書籍化されました。 春樹、...

記事を読む

『行人』③ 現代人の悩みっていうけどさ

『行人』③ 現代人の悩みっていうけどさ

どんどん神経衰弱していくんですよ、登場人物が。 位置: 4,065 自分の想像は、この時その美しい眼の女よりも、かえって自分の忘れようと...

記事を読む

『行人』② 兄貴がまた、いい具合に神経質なんだ

『行人』② 兄貴がまた、いい具合に神経質なんだ

この物語の焦点は、前半は兄貴のものです。 位置: 1,823 二人はすぐ山を下りた。俥にも乗らず、傘も差さず、麦藁帽子だけ被って暑い砂道...

記事を読む

『行人』① じわじわくる味わい

『行人』① じわじわくる味わい

漱石文学のなかでも、かなり好きな方です。 明治期の文学者、夏目漱石の長編小説。初出は「東京朝日新聞」「大阪朝日新聞」[1912(大...

記事を読む

『アオイホノオ』原作マンガ これは壮絶な内輪ネタやで

『アオイホノオ』原作マンガ これは壮絶な内輪ネタやで

原作を読んでみました。 同時代に生きていた人ならなお楽しく読めるでしょうね。 原作者様、先輩の漫画家の皆様、 実力不足で連載決...

記事を読む

『インベスターZ』のいいセリフ

『インベスターZ』のいいセリフ

三田紀房作品は、結構ハッとするような事を言ってくれるので好きです。特に野球もの。 最近、Kindleでセールやってた投資漫画『インベス...

記事を読む

『メシ鉄!!!』 量産型メシ漫画ではある

『メシ鉄!!!』 量産型メシ漫画ではある

ほんと、最近この手の漫画が多すぎて困ります。 好きだから、困るんですけどね。 駅弁、駅蕎麦、駅ごはん。それらを食べつつの鉄道旅、...

記事を読む

『.Bloom ドットブルーム vol.01』 BLアンソロジー

『.Bloom ドットブルーム vol.01』 BLアンソロジー

創刊号だから買って、読まずに積んであったのをようやく消化。 “ものがたり”を愛するあなたのための、完全新作・オール読み切りBLアン...

記事を読む

『天顕祭』 ポストアポカリプス的で難解

『天顕祭』 ポストアポカリプス的で難解

ちょっと難解でしたね。 ヤマタノオロチ伝説の息づく未来。50年に1度の秘祭<天顕祭>の日が近づいていた。 咲(さき)...

記事を読む

『地底旅行』 冒険って懐かしい

『地底旅行』 冒険って懐かしい

いつの間にか、この手のものを読まなくなりましたね。 さあ、行こう、地球の中心へ! 東京ディズニーシーのアトラクション「センター・オ...

記事を読む

『初情事まであと1時間』 タイトルに負けたよ

『初情事まであと1時間』 タイトルに負けたよ

中身もなかなかのものだったのですが。 とにかくいろんなカップルの、嬉し恥ずかし初情事直前の1時間だけを描いた、前代未聞のオムニバス...

記事を読む

漫画版『花咲くいろは』 アニメを観る時間のない人に

漫画版『花咲くいろは』 アニメを観る時間のない人に

アニメ版のおさらいにちょうどいい 松前緒花は東京に住むフツーの女子高生。ある日いいかげんな母親の思いつきで、単身、遠く北陸に移り住...

記事を読む

『JJM 女子柔道部物語(1) 』 どこまでも小林まこと先生

『JJM 女子柔道部物語(1) 』 どこまでも小林まこと先生

『柔道部物語』ファンとしてはもはや懐かしさだけで100万点です。 『柔道部物語』から25年、小林まことが再び“本格柔道漫画”を描く...

記事を読む

『うちのクラスの女子がヤバい』 大人なテイスト

『うちのクラスの女子がヤバい』 大人なテイスト

昔ならチンプンカンプンだったろうな。 1年1組はどこにでもあるごく普通のクラス。だけど、他のクラスとはちょっとだけ違うところがあり...

記事を読む

『球場三食』 骨太な野球・グルメ漫画

『球場三食』 骨太な野球・グルメ漫画

他のグルメ漫画とは一線を画します。 球場とは男の棲家。そこには夢とロマンと美味いメシがある。本作の主人公はプロ野球12球団のファン...

記事を読む

『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!(1)』 いい目の付け処やのぅ

『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!(1)』 いい目の付け処やのぅ

目の付け所がいい。 『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』――それは日常の退屈と喜びを描いたノンフィクション漫画の白眉である。著...

記事を読む

『センゴク外伝 桶狭間戦記』1巻 やっぱり宮下先生は凄い

『センゴク外伝 桶狭間戦記』1巻 やっぱり宮下先生は凄い

『センゴク』シリーズは本当に凄い。もちろん外伝も凄い。 戦国時代最高の軍師・太原崇孚雪斎(たいげんすうふせっさい)。駿河の庵原家に...

記事を読む

『紙の砦』 やっぱり手塚先生は凄い

『紙の砦』 やっぱり手塚先生は凄い

かつて父親の本を読ませてもらって以来、久々に手塚作品に触れましたが、やっぱり面白いですね。 太平洋戦争の末期、戦火にさらされた大阪...

記事を読む

『亭主元気でマゾがいい!』 さすが女王様やで

『亭主元気でマゾがいい!』 さすが女王様やで

「マゾがいい」とは思いませんが、よくお分かりでらっしゃる。 理想の結婚、それはSM婚だ! 「壁ドン」にはもう飽きた。これからは、マ...

記事を読む

『夜行』 気味が悪いけど、まとめる必要あるの?

『夜行』 気味が悪いけど、まとめる必要あるの?

『きつねのはなし』の方が好きですね。 僕らは誰も彼女のことを忘れられなかった。 私たち六人は、京都で学生時代を過ごした仲間だ...

記事を読む

『1984年』 そんなサゲかい……それもまた良いけど。

『1984年』 そんなサゲかい……それもまた良いけど。

最後に愛が負けた、みたいなサゲ。テーマはそこだったのかしら。 〈ビッグ・ブラザー〉率いる党が支配する超全体主義的近未来。ウィンスト...

記事を読む

『珍夜特急6―南欧・西欧―』 あっという間に読み切った

『珍夜特急6―南欧・西欧―』 あっという間に読み切った

実録らしい良いシリーズでした。 インドのカルカッタからポルトガルのロカ岬まで、ユーラシア大陸を単独バイクで横断する――。19歳の”...

記事を読む

『NHK 新版-危機に立つ公共放送』 やっぱりきな臭い…

『NHK 新版-危機に立つ公共放送』 やっぱりきな臭い…

やっぱり安倍首相のやり方や考え方に感心しません。 創設以来最大の危機に直面しているNHK.現政権に「乗っ取られている」と危惧する著...

記事を読む

『掟上今日子の推薦文 忘却探偵』 うーん、軽い

『掟上今日子の推薦文 忘却探偵』 うーん、軽い

ミステリとして謎が軽すぎる印象。 美術館で警備員を務める青年・親切守。彼が警護するエリアには訪れるたび、決まってある絵の前で立ち止...

記事を読む

『珍夜特急4―東欧・バルト3国・北欧―』 若いなぁ……

『珍夜特急4―東欧・バルト3国・北欧―』 若いなぁ……

行きたいところが山ほど生まれる本。 インドのカルカッタからポルトガルのロカ岬まで、ユーラシア大陸を単独バイクで横断する――。19歳...

記事を読む

『安倍官邸とテレビ』 どうもきな臭い……

『安倍官邸とテレビ』 どうもきな臭い……

たまには真面目な本でも。 安倍官邸は、時にはハードに、時にはソフトに、さまざまな手管を駆使しながら「免許事業」であるテレビ局を揺さ...

記事を読む

1 2 3 4 14