映画 一覧

『夜明け告げるルーのうた』 結構いいと思うけどな

『夜明け告げるルーのうた』 結構いいと思うけどな

湯浅政明監督の作品とあらば、とりあえず見に行くべし。 「マインド・ゲーム」「四畳半神話大系」「ピンポン THE ANIMATION」など個...

記事を読む

映画『夜は短し歩けよ乙女』 減点法ではいかんのよ

映画『夜は短し歩けよ乙女』 減点法ではいかんのよ

原作が好きすぎて、つい、ね。 「四畳半神話大系」「有頂天家族」などで知られる人気作家・森見登美彦の初期ベストセラー作品で、黒髪の乙...

記事を読む

映画『虐殺器官』 なかなか良いじゃん

映画『虐殺器官』 なかなか良いじゃん

あの原作をどういう具合に映像化するのか、期待半分不安半分でしたが。 9・11を経て、“テロとの戦い”は転機を迎えていた。先進諸国は...

記事を読む

『夜は短し』が映画化。星野源はどこまで羨ましい人間なのだ。

『夜は短し』が映画化。星野源はどこまで羨ましい人間なのだ。

人に憧れたって仕方がない、というのが最近のスタンスではありますが、アッラーこと新垣結衣氏の恋人を勤め、それから『先輩』の役をやる、この星野源...

記事を読む

ミステリ映画や『64』の噺や

ミステリ映画や『64』の噺や

怖い映画は苦手です。 怖いから。

記事を読む

シン・ゴジラの噺

シン・ゴジラの噺

いやー、言いたいことが溢れでてしょうがない映画。 ゴジラってホント、いいですよね。

記事を読む

『FAKE』 よく出来てるけど、森達也さんにゃちょっとガッカリ

『FAKE』 よく出来てるけど、森達也さんにゃちょっとガッカリ

最後の最後、それだけはやっちゃイケないでしょう。 2014年にゴーストライター騒動で日本中の注目を集めた佐村河内守をとらえたドキュ...

記事を読む

映画『華麗なるギャツビー』1974 日本で言う『時をかける少女』かしら

映画『華麗なるギャツビー』1974 日本で言う『時をかける少女』かしら

男の理想、女の憧れ。そういう意味じゃ、『ときかけ』と似てませんかね。 別に似てなくても良いんですがね。 1920年代のアメリカの...

記事を読む

映画『そこのみにて光輝く』 あたくしはこれを、欲していない

映画『そこのみにて光輝く』 あたくしはこれを、欲していない

これに惹かれる人がいるのも分かります。 芥川賞候補に幾度も名を連ねながら受賞がかなわず、41歳で自ら命を絶った不遇の作家・佐藤泰志...

記事を読む

『新幹線大爆破』 これ、いいじゃないの

『新幹線大爆破』 これ、いいじゃないの

職場の上司が、「高倉健ならこれを観ろ」というので視聴。 いや、確かに、これ、いいじゃないの。 ある朝国鉄に、本日東京駅を出発した...

記事を読む

映画『寝ずの番』 こういう映画が観たいのよ

映画『寝ずの番』 こういう映画が観たいのよ

監督のマキノ雅彦というのは、俳優の津川雅彦氏のことだと、いま知りました。 上方落語界の重鎮・笑満亭橋鶴が今まさに臨終しようというと...

記事を読む

映画『あげまん』 昭和の風が流れている作品

映画『あげまん』 昭和の風が流れている作品

「人間にとって人間を自由にするくらい楽しいことはない」とのこと。至言ですな。 伊丹十三監督作品がついに単品DVD化!男にツキをもた...

記事を読む

映画『桜の園』 やっぱり1990年版は面白かった

映画『桜の園』 やっぱり1990年版は面白かった

先日、2008年版を観たので、やっぱり1990年版も観たくなって。   女子校の演劇部を舞台にした吉田秋生の同名の少女漫画を、自身...

記事を読む

映画『しゃべれどもしゃべれども』 ちょっと展開を急いだかな…

映画『しゃべれどもしゃべれども』 ちょっと展開を急いだかな…

原作は読みました。それこそ、10数年以上前じゃないかな? 古典を愛する二つ目の落語家、今昔亭三つ葉。 思うように腕もあが...

記事を読む

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 興味はあるが面白くはない

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 興味はあるが面白くはない

ここ最近、アメコミブームが再燃しているような気がするんですよ。 不朽のヒーロー「スーパーマン」をリブートした「マン・オブ・スティー...

記事を読む

映画『姿三四郎』 プロトタイプを観る喜び

映画『姿三四郎』 プロトタイプを観る喜び

正直、さほど筋が面白い話ではないんですよ。    黒澤明監督の記念すべきデビュー作。時は明治のなかば、旧来の柔術と新興の柔道がせめ...

記事を読む

映画『ヒン子のエロいい話』 いい筋だけど、もう、観ない…

映画『ヒン子のエロいい話』 いい筋だけど、もう、観ない…

映画としては嫌いじゃないですけどね。 恵比寿マスカッツとして活躍中のセクシーアイドル・希志あいの主演によるエロティック・ラブコメデ...

記事を読む

映画『クレイマー・クレイマー』 久々に観たら号泣

映画『クレイマー・クレイマー』 久々に観たら号泣

初めて観た時は普通に「いい映画」くらいにしか思わなかったのですが、今観ると号泣不可避。 仕事第一の男テッドがある夜遅く帰宅...

記事を読む

映画『愛の渦』 皮肉で露骨で楽しい喜劇

映画『愛の渦』 皮肉で露骨で楽しい喜劇

複数の感情が生まれるいい映画でした。 閑静な住宅街にあるマンションの一室。バスタオル1枚で気まずそうに思い思いの場所に座っ...

記事を読む

映画『どですかでん』 黒澤明作品の多面性がよく分かる

映画『どですかでん』 黒澤明作品の多面性がよく分かる

黒澤明は時代劇だけじゃない、と再確認。 山本周五郎原作による小説「季節のない街」を黒澤明監督が映画化した作品。毎日電車のま...

記事を読む

『ツクシのエロいい話』 これ、いい話か?

『ツクシのエロいい話』 これ、いい話か?

このあいだ、『悦子のエロいい話』を観て、結構良かったので、今作も。 セクシーアイドル・木下柚花主演の青春ラブストーリー。コンビニで...

記事を読む

『スター・ウォーズ』 episode2の途中で観るの止めちゃった

『スター・ウォーズ』 episode2の途中で観るの止めちゃった

展開がね、くどいんですよねぇ。 絵に迫力があるのは分かります。 あと、共和制度の限界やアナキンの苦難もいいでしょう。 ...

記事を読む

『スター・ウォーズ』の4・5・6を続けてみた

『スター・ウォーズ』の4・5・6を続けてみた

恥ずかしながら、今まで未見。 でも何故かダースベーダーがルークの父親であることを知ってる。さすがの有名作です。 遠い昔の、はるか...

記事を読む

映画『八つ墓村(1996)』 ミステリぽさを排除した観やすいサスペンス

映画『八つ墓村(1996)』 ミステリぽさを排除した観やすいサスペンス

原作未読のまま映画を見ることの是非を考えざるを得ないのです。 横溝正史原作によるベストセラー小説を映画化した、名探偵金田一...

記事を読む

『悦子のエロいい話~あるいは愛でいっぱいの海~』 嫌いじゃない…っていうか好き

『悦子のエロいい話~あるいは愛でいっぱいの海~』 嫌いじゃない…っていうか好き

こういう、筋も合ってエロもある話、嫌いじゃな…っていうか大好きです。 ちょっと格好つけました、ごめんなさい。 人気セクシーアイド...

記事を読む

映画『ソロモンの偽証』 え、それが真実?

映画『ソロモンの偽証』 え、それが真実?

マツオさんが激推ししていた小説の映画化。 宮部みゆきさんだから、間違いはないだろうと。 クリスマスの朝、雪が降り積もった城東第三...

記事を読む

映画『有頂天ホテル』 鹿の学会は損しただけ?

映画『有頂天ホテル』 鹿の学会は損しただけ?

この手のコメディ、嫌いじゃないです。    大晦日、様々なイベントが目白押しでごった返すホテル・アバンティ。そんな時に副支配人の新...

記事を読む

映画『の・ようなもの』 動いている扇橋師匠…

映画『の・ようなもの』 動いている扇橋師匠…

落語愛にあふれた作品だというのは分かります。 タイトルは『居酒屋』からでしょうね。金馬師匠…一度生で観たかった。 落語ファン...

記事を読む

映画『ボーン・コレクター』 ジョリ姉、若いと更に苦手…

映画『ボーン・コレクター』 ジョリ姉、若いと更に苦手…

ジェフリー・ディーバー氏の本が原作。 読めるなら原作で読みたいけど、英語力不足ですわ。 顔の力が強すぎて、そんなに好きなタイ...

記事を読む

映画クレヨンしんちゃん『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』 ナンセンスで湯浅政明で最高やんか。

映画クレヨンしんちゃん『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』 ナンセンスで湯浅政明で最高やんか。

ひさびさ、映画クレヨンしんちゃんのいびつな面白さに出会った感があります。 湯浅政明さんのアニメーションが全開で、そこだけでも2...

記事を読む

1 2 3