コンテンツ 一覧

『はぐれアイドル地獄変』 古式ゆかしい……

『はぐれアイドル地獄変』 古式ゆかしい……

グラップラーのエロあり、という評判を聞きつけて即買い。 エロさはあくまで「面白さ」の範囲でしかありませんでしたが。 一肌脱ぎます...

記事を読む

『エムさん。』 これは業の深い漫画である……。

『エムさん。』 これは業の深い漫画である……。

これは素晴らしい純文学。 WEBマンガランキング、常に上位! 話題沸騰のM男のエムさんを主人公に性癖、AV、風俗を描いたショートマ...

記事を読む

『死にたくなるしょうもない日々が死にたくなるくらいしょうもなくて死ぬほど死にたくない日々』

『死にたくなるしょうもない日々が死にたくなるくらいしょうもなくて死ぬほど死にたくない日々』

意外と読みやすいのです。 孤独の才能が贈る話題作!! 10代女子を中心に、人々のうまくいかない日常を描く、オムニバス・ショート集。...

記事を読む

ラズウェル先生の寿司漫画読んだから、夏の寿司ネタをまとめておこう

ラズウェル先生の寿司漫画読んだから、夏の寿司ネタをまとめておこう

ラズウェル先生の寿司マンガ読んでたら、まとめておこうと思いまして。 まずはアジ。 カレイ。 次にカンパ...

記事を読む

『はいからさんが通る』 これが1975年!?

『はいからさんが通る』 これが1975年!?

キレとテンポは今の漫画のそれと比べても遜色ないです。 時は大正、ロマンの薫り満ちあふれていた頃。突然、婚約者・伊集院少尉を紹介され...

記事を読む

『羊のうた』 ひっさびさに読んだら高校時代を思い出した

『羊のうた』 ひっさびさに読んだら高校時代を思い出した

OVAにもなったんすよね。 高校生の高城一砂は、幼い頃に別れた一つ年上の姉・千砂と再会し、高城家に代々伝わる「病」のことを聞く。そ...

記事を読む

ザビエル山田氏の四コマの破壊力 2

ザビエル山田氏の四コマの破壊力 2

こういうキレッキレのフレーズを思いつく、この人の脳みそは本当に驚異的。 この半開きの目、そして語り口。 どれも完璧です。 ...

記事を読む

ザビエル山田氏の四コマの破壊力

ザビエル山田氏の四コマの破壊力

とにかく四コマ目での破壊力が凄い。 起承転までの運びのスムーズさ、そして結の切れ味。 これは比類なきものですな。 ...

記事を読む

『ハッピーシュガーライフ』 たまにヤンデレ読みたくなるよね

『ハッピーシュガーライフ』 たまにヤンデレ読みたくなるよね

2000年くらいだったでしょうか、「ヤンデレ」という言葉が定義されたのは。 松坂さとうには、好きな人がいます。一緒に暮らして愛を語...

記事を読む

『目玉焼きの黄身 いつつぶす? 7』 相変わらず真をつくマンガよ……

『目玉焼きの黄身 いつつぶす? 7』 相変わらず真をつくマンガよ……

その一つ一つのコマを見るだけでも、作者の食に対する拘りが窺い知れるというもの。 間違いない。これを読んでからというもの...

記事を読む

高岡城 サイズといい城跡利用の方法といい、素晴らしいと思う。

高岡城 サイズといい城跡利用の方法といい、素晴らしいと思う。

 『まんが道』ファンの聖地ですな。  高岡城は、加賀藩2代藩主・前田利長が、大火で焼失した富山城に代わって越中の拠点とすべく160...

記事を読む

『傷だらけのカミーユ』 勝手ながらキャストが決定しました。

『傷だらけのカミーユ』 勝手ながらキャストが決定しました。

素晴らしい三部作。読み切りました。 この三部目は正直凡庸でしたが、それでも一作目・二作目の凄さで引きずられるようにして一気に読破。 素晴...

記事を読む

和歌山城 好きな街と好きな城。

和歌山城 好きな街と好きな城。

和歌山県も好きだし和歌山市も好き。そして何と言っても城が好き。 豊臣秀長(秀吉の弟)が1585年に築城。その後、紀州徳川家の居城に。虎伏山...

記事を読む

金沢城 本丸をあえて復元しない加賀の心意気よね

金沢城 本丸をあえて復元しない加賀の心意気よね

いい城なんだけど、地味なんですよねぇ。  戦国時代、加賀一向一揆(本願寺)の本拠地だった「金沢御堂(かなざわみどう)」が1580年に織田軍...

記事を読む

観音寺城 またいつか。必ず訪れるぞ……。

観音寺城 またいつか。必ず訪れるぞ……。

実際の山登りはできていません。 六角氏の居城。 応仁時代の築城で、山城。 観音寺城は近江守護・佐々木六角氏の本城となった巨大山城で、安...

記事を読む

一乗谷城 朝倉氏の栄華は復興中

一乗谷城 朝倉氏の栄華は復興中

今、きれいに復元が進んでいます。  一乗谷朝倉氏遺跡は、戦国大名 越前朝倉氏一族が築いた、山と川に囲まれた自然要塞の遺構。織田信長...

記事を読む

丸岡城 こぶりながらも素晴らしい……

丸岡城 こぶりながらも素晴らしい……

ある種理想的な平山城の残りっぷりをしています。 丸岡城は日本最古級の現存天守(最古は犬山城と丸岡城の2説ある)。1576年(天正4年)...

記事を読む

小谷城 熊出没注意

小谷城 熊出没注意

 悲劇のお城。  小谷城は、江北の戦国大名・浅井氏の居城。16世紀初頭に室町期の守護大名だった京極氏の跡目騒動に乗じ、家臣の...

記事を読む

『大誘拐』 日本ミステリー史に残すべき大傑作。満点ですよ。

『大誘拐』 日本ミステリー史に残すべき大傑作。満点ですよ。

 これは間違いなく、比類なき傑作でした。 三度目の刑務所生活で、スリ師戸並健次は思案に暮れた。しのぎ稼業から足を洗い社会復帰を果た...

記事を読む

ミステリ映画や『64』の噺や

ミステリ映画や『64』の噺や

怖い映画は苦手です。 怖いから。

記事を読む

2016夏 本の噺

2016夏 本の噺

西宮さん、可愛いったら無いの。 むしろ、だからこそ物語なわけで。

記事を読む

2016秋アニメ展望

2016秋アニメ展望

僕はクラシカロイドを面白そうだと思うんですがね。

記事を読む

2016夏アニメ感想2

2016夏アニメ感想2

誰か僕と杏ちゃんの可愛らしさについて語りませんか? とても可愛いんだよ。

記事を読む

2016夏アニメ感想1

2016夏アニメ感想1

誰か僕とReLIFEの感想を言い合いませんか?

記事を読む

『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』 もうコミュ障治そうと思わぬ

『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』 もうコミュ障治そうと思わぬ

この卑屈なまでの愚者戦略、どうにも違和感があります。 もはや「空気」は読むものではない。目で見、手で触れられるものだ。 騙さ...

記事を読む

2016夏のコンテンツを振り返る 読書編

2016夏のコンテンツを振り返る 読書編

ユダの窓 法廷ミステリとして面白かった。 ディクスン・カーはトリックより文章が上手な印象。 大江戸綺人譚―のっぺら女房 もりもと崇先...

記事を読む

2016夏のコンテンツを振り返る アニメ編

2016夏のコンテンツを振り返る アニメ編

気がつけばもうクール終わり……。 ダンガンロンパ 未来編も絶望編も観たんですが、どちらも良く出来てました。 「ダンガンロンパだから」と...

記事を読む

七尾城 天守はなくとも気持ちいい。

七尾城 天守はなくとも気持ちいい。

登っていて気持ちいいかどうか、というのも登城の大切な要素です。 170年間栄えた能登の守護・畠山氏によって城山一帯に築かれた山岳城。険しい...

記事を読む

『蹴りたい背中』 私小説やなぁ……。

『蹴りたい背中』 私小説やなぁ……。

芥川賞っぽい作品というか、私小説やなぁ、というか。 何も起こらないというのがこの作品の大切なところ、というか。 第130回芥川賞...

記事を読む

八奈見乗児さんにお会いする夢を観た

八奈見乗児さんにお会いする夢を観た

といっても、cv.八奈見乗児さんですが。 夢の中で観たこともないキャラクターに声をあてて登場された八奈見さん。 「最近の...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 7 21