『Charlotte』の露悪的な部分が白ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 7

面白くなってきたのは間違いないのですが、ちょっと白けます。

変な語尾はやめれ~

まず、麻枝准脚本のものに顕著な、変な語尾のキャラクター。
あれはやめて欲しいです。

「~~なのです」「~~なのでござる」「~~だよぅ」など。

今回の妹は、更に悪いことに、「~~なのです」「~~なのでござる」の混合系で始末が悪かったですな。あれはひどい。
キャラクターが立つだのなんだのといった以前に、物語に入っていけないほどの違和感しか覚えません。

ま、これは昔からだから、もう直せって方が無理で、むしろ「だったら観るな」というのが正論でしょうけれど。

急に露悪的になるのをやめれ~

平和な雰囲気が一転、シリアスな展開になるとき。

そこで、親族を殺したり、親友に拷問してみたり、といった露悪的ショックを急に与えるのもやめてほしいです。それを露骨にやっていいのは新人のうちだけでしょう。

麻枝准さんはもうベテランで、地位も名誉もあるのですから、そういった卑怯なやり方で関心を引くのは感心しません。

親族の死、親友の悲鳴、などなどのものは劇薬です。
視聴者のテンションを圧倒的に引く、いわば麻薬的スパイス。
しかし、それを麻枝准さんは多様する。いついかなるどの作品でも、そういう手段で場面の展開を図る。

これはあまりに品が無いでしょう。

面白くなってきた

しかし、最も愚かなのはあたくし。
そこまで言っておいて、やっぱりCharlotte面白いなぁと思ってしまうのです。

悔しいですが、仕方がない。
味の素がやっぱり美味しいように、劇薬はやっぱりはらはらさせられるのです。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です