『いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)』 トイレの描写が秀逸だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

やっぱりルポは分かりやすい

己の勉強不足についての罪悪感が、すこし弱まるのです。

「原発について、なにも知らないし、勉強する時間もない。」とか平気な顔して言えるあたくし。
ホントになにも知らないし、ホントは勉強する優先順位が低いだけですけどね。

幸せボケですし、当事者意識が低いです。
そして、そんな自分は少し後ろめたさもあるんです。
本気で勉強している人たちや、本当にフクシマをどうにかしようとしている人たちに対して。

でも、真面目な本は読めない。
やっぱり読めないんですね。熱量がない。
アニメ観たり漫画読んだり、小説読んだりする時間はあってもね。
そういう、ボケて堕落した遊民なんですな、自分は。

それでも、こういう本を読めば少しなりにも、罪の意識が薄らぐんですね。
読んで何をするわけでもないですが。

現場のルポが一番身にしみる

被曝量がどうだとか、作業員の体がどうだとか、この類の報道は本当に多種多様で、ガセも多いと聞いています。そんな中、この人の漫画は信じられそう。
本当に行って、本当に感じたことしか、少なくともそういった土壌の上でしか、書いていないような気がするから。

あたくしのような無知な人間が、玉石混交どころじゃない莫大な情報を前にできることなんざ、しないほうがマシなようなことばかりです。リテラシーのない人間が迷惑をかけるというのは、現場で散々見ていますからね。

だから、こういう作品が一番いい。
嘘が少ないから。少なくとも、人一人の視点では、ね。大きく物事を考えようとしなけりゃ、これくらいがいい。

トイレの描写に安心した

原発の作業員たちが普通の一軒家に10人で生活している描写が出てくるんですけど、その中で「めちゃめちゃトイレが汚い」っていう描写があるんですね。

放射能も当然気になるけど、それはそれとして、男が10人ですし詰めになって生活している時のトイレの汚さとか、そういう方が当事者にとっては問題だったりするよな、ってぇのが本作で一番安心したところかな。

読んでない人は読んでみて、けして損はしない作品だと思いますな。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です