『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護のケースワーカーの話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

リアルすぎなくていい

先日言及した『いちえふ』がルポなら、これはリアルっぽいフィクション。
あまりリアルに描きすぎてないのが読みやすいですな。

公務員になりたての若い女の子が、いきなりケースワーカーとして働くという話。
実際によくあるシチュエーションなんだそうです。
いきなりケースワーカーやるひとはそう多くないらしいですがね。

物語がこれからどうなるのか注目したい

報道とかで、不正受給とかがやたらと取り沙汰されて目立っていますが、やっぱりそんなのはごく一部じゃないですか。だと聞いています。だと信じたい。

やっぱりケースワーカーというのは大変な仕事ですよね。体力的にも精神的にも。
今のところ、ケースワーカーにも受給者にも、ある程度好意的に描かれていますけど、このさきどうなるのでしょうか。不正受給の問題にも、触れなきゃならなくなるでしょうからねぇ。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です