『クッキングパパ カレー編』 やっぱり荒岩さんは最高ばい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

この世界観がたまらんのですバイ。

Kindleで安くなっていたのでつい購入。

ウンチクもほどほど、物語もほどほど。
しかし、その奥にある安定感が抜群なのです。

物語を読み疲れた時、パラパラと観るだけで元気になれる。
これが本にはない、漫画の良さです。
そしてその最高峰にあるのがクッキングパパだと思うのです。

クッキングパパ

ウンチクや絵の巧さが料理漫画の全てではない

美味しんぼ、いいでしょう。
神の雫、ノーブルですね。
きららの鮨、美味そうですね。
華麗なる食卓、絵が可愛いです。

でもね、ウンチクや絵の巧さが料理漫画の全てではないのです。
ウンチクもほどほど。絵の巧さもほどほど(失礼)。
でも、あたくしはこのクッキングパパが一番好き。

自分が作れる、作る気になる、食べたくなる。
そういう意味においてはどの料理漫画よりも優れています。
奇天烈な方法、度の過ぎた材料の純粋さ合戦、懲り懲りなんです。
もっと料理は本質的に、自分の側にあるもので構成されているはず。

化学調味料だっていい。コーラだっていいんです。
美味しく食べられることが優勝。

したがって、クッキングパパが優勝です。間違いないですバイ。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です