『フィンランド・サガ(性)』 ただただ、耐える姿が、今のこの国には必要なのかもしれない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

耐える姿勢が美しい、というのは大嘘ですけどね。
でもちばてつや賞の準入選作品だというのは頷ける。

明らかにアイデア勝負だよな、と思いながら読み始めたら、意外と面白くて。
3話くらいまでは普通にネタの新鮮さで笑えるんですよ。
「このシチュにサウナってナンセンスだな(笑)」みたいにね。
ところが、6話の深夜のバッティングセンターくらいから、遊びが増しだすのです。

screenshot_2015_02_18T20_13_51+0900

言葉づかいが福本伸行的になったり、オリジナルの歌を歌い出したり。
なかなかナンセンスとしてのレベルが高い。きっとこの人、笑いのセンスが似ているんだろうなぁ。

ハゲとかデブとか、睡眠不足とか自己都合退社とか、そういう悩みがネタになるんですが、これが一向に解決しないで、それでも結論らしきところに無理やりこじつける。
その終着点の置所が妙に好き。

ちなみに、タイトルの元ネタは幸村誠のヴィンランド・サガなんですかねぇ。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です