『富士山さんは思春期』2巻 クセになるデカ女!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

牧ちゃんのあどけなさが、とても良い

変化球でど真ん中を射抜かれた印象です。

ちょっとお色気シーンもあり、それでいてエロすぎない。

ヒロインが可愛いけど、狙いすぎてない。

それが本作の魅力です。

モノローグのなさ、動きのなさが、くせになる

screenshot_2014_12_01T12_33_18+0900screenshot_2014_12_01T12_33_19+0900

恋愛漫画に限らないことですが、普通はこういう「感情が本筋」のドラマは傍白を入れますよね。

「こいつ、意外と可愛いな」
「な、何考えてんだ俺は」
「あ、あたってるよ!(胸が)」

とか。ポンポン出てくるのはあたくしがそういう傍白漫画が大好きだから。

でも、この作品にはそれがない。それが、逆に、覗き見のようなエロさを感じられていいんですよねー。

screenshot_2014_12_01T12_30_18+0900screenshot_2014_12_01T12_30_20+0900

ふたりの距離感がちょうどよくて可愛くて、ハマります。
あたくしもあの頃、181cmの彼女とか欲しかったなぁ。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です