『ハーモニー』伊藤計劃著 監理社会への警鐘を鳴らす、SFらしい名作!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

SFってこういうのよね、の最高傑作

虐殺器官よりも王道感は強いです。

伝統的なSFとして、『ブレードランナー』とか『時計じかけのオレンジ』とか、もっと言うとウェルズとか。これらの延長にあるゼロ年代の傑作ですよね。
貴志祐介氏の『新世界より』の次に日本SF大賞に選ばれたのも納得。素晴らしい出来です。

伊藤計劃氏がすごいなぁと思うのは、その文章がやたらとハイコンテキストなのに、不思議と読むスピードを落とさずに読み進められること。
ハイコンテキストであることがSFの宿命みたいになっていますが、あまりに読者を置いてきぼりなのは考えもの。
その点、彼の文章はスッと胸の中に落ちます。

ディストピアって最高

現実になってほしくはないですがね。
でも未来観として、どうしようもなく好き。

映画『ウォーリー』もそうですが、どうしてあたくしはああいった不穏な未来に惹かれるのかしら。
アニメ『サイコパス』も最高に楽しんでおります。

伊藤計劃氏は、この先を書けたのだろうか

この話の下げは、なんてことはないのです。
これしかない、というくらいの終末味たっぷりの下げ。

でもこれ、普通は、この手をやっちゃうと、もうこれ以上は描けないです。すべてのSFはこれで終わりかねませんから。
いわばSFの「そもそも」論。

だからこそ、もしご存命だったら、伊藤計劃氏はどういう物語を、続いて綴ったのか。
興味はあるけど、今やそれは夢物語ですな。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です