『昔話のできるまで』 扉絵が好みすぎて卑怯……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

表紙のメガネ巨乳が可愛すぎて買うしかありませんでした。

短篇集です。
短篇集大好き。物語を紡ぐ能力よりもセンスが試されるゆえ、筆者の衝動が出やすいからね。

とにかく、ちょくちょく顔を出すメガネ巨乳ね。
これ、出しときゃいいでしょ。ほんと、大正義ですよ。

screenshot_2015_05_24T12_37_05+0900

孤児院戦闘団が特に好き

おそらくこの本を読んだ人の大半の心に残る作品でしょう、孤児院戦闘団。
まず、戦車がいい。可愛い女の子と戦車の組み合わせが間違いないのは、すでにガールズアンドパンツァーで実証済みですしね。

そしておじさんと幼女の組み合わせも絵になる。これは映画『レオン』で実証済み。

つまり、間違いない組み合わせすぎて無敵なんです。
ドイツの軍人と子どもたちが、力を合わせてソビエト軍から身を守る。
設定だけで夢がありますね。

戦車もティーガーってぇところが、好きっぽい。ぽい、というのはあたくしが別に詳しくないから。

戦車についてはこちらの受け売りの知識しかないあたくし。

兎に角、山田穣先生のセンスは好みです。
今後も買って応援していきたいですな。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です