『国債が暴落しても長期投資家は平気だよ』 すげぇタイトル……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ファンドの取締さんが書いているにしても、品のないタイトル……。

保身のため、おかかえの投資家のため。
そんな風に読み取れる、アピールの書という印象です。

よく読んでも、どう平気なのかが分からない。
「長期的に見ればプラスだから平気」ということなんでしょうが、逆に言えば「結果がほしい時にプラスとは限らない」ということ。

それが投資のリスクなんですけれどもね。
単純に「損をしても平気でいるべし」というメンタルケア的な意味でしか楽しめませんでした。

最近の株の乱高下で、債権多めのポートフォリオに変更しているあたくし。
この本を読んだ後でも、やっぱり国債が暴落したら平気じゃないよね、と思っています。

とりあえずは外貨での資産保有を高めとこうかしら。

amazon様より引用

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です