『神様がうそをつく。』 おじさんには軽かった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

切なくて読み易い。でも、おじさんにはちょっと軽かったかな。

転校先の学校で、同級生・理生(りお)の秘密を知ったなつる。少年と少女の、幼い恋と冒険の物語。――七尾(ななお)なつるは東京から転校してきた小学6年生。クラスの女子に無視され、サッカーチームの新任コーチともソリが合わない。そんな時、大人びたクラスメイト・鈴村理生(すずむら・りお)の、誰にも言えない秘密を知ることに……。夕立、お祭り、「とうふ」という名の白い猫。小学校最後の夏。ふたりの、ひそやかな冒険が始まる。

読んだタイミングも悪かった。
北九州・連続監禁殺人事件の本を読んだ直後で、****(ネタバレなので伏せておく)の話に、あまり現実性を覚えられなくて。
それでも、ひと夏の経験もの、ジュブナイルものとしてのレベルは相当に高いと思うのです。

でも、まぁ、あんまりおじさんには響かなかったかな。
愚鈍になっているのかしら。悲しいかな。歳かね。

screenshot_2016_01_26T13_50_08+0900

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です