『貞本エヴァ』 全巻一気読み……これでやっとエヴァが終わったと思える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

”アニメを漫画化しました”という以上のクオリティ、そして畳み方でしたね。
名作。

西暦2000年、南極に隕石が落下。かくして有史以来の大カタストロフィー「セカンド・インパクト」が起こった。それから15年、新たな危機が人類を襲う。「使徒」襲来である。使徒に対抗すべく、人類は汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」を開発。そして、パイロットに選ばれた「3人の少年少女」たちの戦いが、今、始まる――。

言いたいことはほとんど、岡田斗司夫氏に言われてしまっています。

岡田さんとほぼ同意見。
あたくしも、冬が来たことにゾッとしたし、物語の畳み方も上手だと思ったし。
何より、「終わった」と思える初めてのエヴァに会えたと思います。

岡田さんと違って、まだまだ理解できない部分が多すぎて気持ち悪いけど。
リリンとかリリスとか、未だに何のことだかわかんない部分があるし、そもそも”補完計画”にのっかってゲンドウがやりたかったことが、イマイチ分からない。
漫画だって非常に難解ですよ。
あたしゃ結局、アダムとリリスが触れるサードインパクトを、どうしてゲンドウやゼーレは起こしたがっていたのか理解できてないし。

この漫画版、というか貞本版のエヴァは、『Air/まごころを君に』を元に解釈し、平易にして出してくれてるということは、ある程度客観的なものだと思うのです。
とはいえ、かなり登場人物の描き方に解釈が入ったものになっていて、ゲンドウの嫉妬やカヲルの使徒っぷり(非人道的ぷり)は原作より分かりやすくなってて、膝を打つような気持ちになりました。

なにより、最後にちゃんと「新世紀」を「エヴァンゲリオン」したこと(?)で、本当に終われた気がしました。おれたちのエヴァンゲリオンがいよいよ終わった、とね。
従来のエヴァのラスト、つまり、アスカの首絞めたりおめでとうありがとうだったり、そのへんよりはだいぶスッキリしてて。

謎な部分はまぁ、深読みが好きな人に任せておいて、ロンギヌスの槍のフォルムの格好良さとか、スケールのでかさとか、中二的な設定の可愛らしさとか。
そういうのを肌で感じ、頭では最後ちゃんと「エヴァンゲリ」ったことで納得。
なかなか多面的に楽しませてくれる、いい仕事ですなぁ。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です