『秘境アジア骨董仕入れ旅』 東南アジア行きてぇ……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

乳飲み子連れでは行きづらい。

タフな交渉術と確かな骨董を観る眼が必須の旅。

「災難は向こうから逃げてくれる、幸福は蹴つまずくほどやってくる」をモットーに、ゲリラ地帯をくぐり抜け、崖にかかった丸太の橋を渡り、携帯ミサイルを横目で見ながら、手に汗握る駆け引きの末に掴んだ世紀のお宝の数々。サラリーマンから転職した骨董ハンターがアジアを駆けめぐる、痛快冒険記。

まったくもって、旅に出たい。
小さな2児をもつあたくしには国内旅行だって難しいのに。

だから、代わりに書に旅を求めるの。

骨董を観る眼がないから、骨董仕入れは無理だけど、タフなネゴシエートをしたりしてアジアを放浪したい。あぁ、学生時代が懐かしい。

「ダンナ。この皿ね、隣のサンジェイが三千ルピーだったら買うと言っているのだよ。渋ちんのサンジェイが三千も出すなんて尋常じゃないからね」
そうか、親父は物がわかってなくて山勘でやってるなとこれで読めた。口は災いの元、知らぬは大損という骨董の定石どおりだ。これで皿は僕のものだ。
「骨董ディーラーは売り手の話を細心の注意で聞く」そうするとその買い付け品の値段がクリアーに見えてくるものだ。この店主は三千ドルと言った。通常このあたりの吹っかけ値段は十倍も二十倍も言ってくるから、隣のサンジェイがどうのこうの言おうと彼の胸算用は千ルピーくらいのものだろう。それに五百でもつけてやれば、おそらくこちらに歩み寄ってくると算盤をはじいた。
at location 1439

いいなぁ。スリリングで。
早くうちの子、大きくならないかしら。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です