『めしばな刑事タチバナ』の魅力②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

教養主義だとしても、嫌味がないのが良いですね。 

福岡のうどんを例にとってもそう。
かしわうどん、美味しいですよね。また小倉の肉うどんも美味かった。また行きたい。

そういう気持ちにさせたあと、最後にこう言います。

可能なら、ってね。
よくあたくしらオタクは原理主義者化して「〇〇で食べなきゃだめだ」とか「〇〇以外は✕✕とは認めない」とか、言っちゃう。そこをグッと理性的に「可能なら」、「由緒正しい」、と、条件と理由を足してあげる。

これが正しい教養主義の在り方のように思えます。

辛さについてもそう。
グルメにとって辛味は避けられない美味しい要素ですが、それを分解して語る。これがクドすぎなくて良い。

バカバカしさも忘れずに。

やはりタチバナはグルメ漫画の最高峰に位置しつつあります。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です