『京大式 おもろい勉強法』 これ勉強法ちゃうやん #京大式 #おもろい勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

違ったなー。

アフリカでゴリラ研究を重ね、総長の仕事は「猛獣使いだ」という人類学者の京大総長によるグローバル時代の発想術。考えさせて「自信」を持たせ、相手の立場に立って「信頼」を得て、他人と「共にいる」関係を築き、「分かち合って」食べ飲む――そんな「おもろい」自学自習の方法で人はぐんぐん伸びる。

勉強法というより仕事法でした。
大学という場所では仕事=勉強だからでしょうか。

位置: 172
たとえ相手の意見に総論としては反対であっても、あえて「反対」とは口に出さずに、汲むべきポイントを探す。「この部分はおもろいですな」というように、対決色を前面に出さない対話なのです。

関西弁ってこういうとき、得よね。
言い方に棘がないように、関東人には思われます。関西の中ではそれはそれで、色々、あるんでしょうけどね。落語と一緒。方言が既におもろい。

とはいえ、勉強法に興味があって読んだあたくしにとっちゃ、それほど思ったものが手に入った本ではござんせんでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です