『漱石とはずがたり』 四コマも良いがコレも良い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 7

ほんと、この方の漱石本に外れなしですよ。

語っていることはほとんど、『先生と僕』と変わらないんですけれどもね。
作者が具体的に出てくること、四コマのルールに縛られて無くていいこと、などもあって、こちらのほうが分かりやすく狂気的な愛を感じることが出来ます。

目次だけで、もう、楽しい。

1話 夏目先生とお札の話
2話 夏目先生と写真の話
3話 夏目先生と痘痕の話
4話 夏目先生とヒゲの話

漱石の痘痕(あばた)の話なんかはご自身で『我輩は猫』の中で根多にされているほどで、なかなか入り組んだコンプレックスだったことが伺えます。
ヒゲは大病の前後で形が違うんですって。これは知りませんでした。

screenshot_2015_06_27T14_23_05+0900

寺田寅彦との関係の話とか、「いい性格」している話とか、読んでいて楽しい物ばかり。
意外と知っていることも多く、「やっぱり自分は漱石が好きだったんだなぁ」なんて一人感慨にふけったりします。

また、やはりというべきか、固いファンがいるらしく、続巻もしっかり出ていて嬉しい。
漱石の話だけで漫画が連載出来るなんて、嬉しい限り。日本に生まれて良かったとすら思えますな。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です