『女の子が死ぬ話』 柳本光晴氏とはいい酒が飲めそうだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

短命美少女への憧れのようなものは、誰にしもあるんだと思います。
が、それを作品にまで昇華させるのは困難を極めます。

その点で、柳本光晴さん、只者じゃないです。
screenshot_2014_12_22T05_49_39+0900

余命いくばくもない絶世の美女が、どう生きるかという話。
儚いものを愛するというのは人間の本能なんでしょうな。
耽美的な話が好きなので、こういうのはとても好み。

せめて女の子として死なせて

screenshot_2014_12_31T11_20_48+0900

特に、このセリフを言わせたかったんじゃないですかね。
フレーズとしてかなり魅力的で悪魔的。

話の出来は、まぁまぁだと思うのですが、こういう話が好きなものでね。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です