『ゴジラvsビオランテ』 自分の最も古い映画体験だけに残念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

記憶に残る限り、もっとも古い映画体験です。

子供心に「これじゃゴジラに勝てないよ」と思った記憶があります。
弱点丸見えですしね。

biorante

赤丸のところが心臓で、ここが弱点。
しかも植物だから火に弱いのが明らか。
確かに背はデカイけど、明らかに弱そう。

そもそもビオランテって何よ?

25年ぶりくらいに観て、あらためて驚愕。
ビオランテって

ゴジラ細胞 × 薔薇 × 白神博士の娘

で出来てるって設定だったのね。
「愛娘を失った科学者が、マッド・サイエンティストと化し、娘を生き返らせようとして永遠の命を持つ植物を作る」
ということなんですが、なぜ薔薇を混ぜた?

デザインは格好いいのに、結構残念でした。

ゴジラ映画としては下かな

結構思い入れのあった作品だけに、改めて観てガッカリ。

劇中に出てくるデーモン閣下とか、あまり筋書きに関係のない似非あぶない刑事とか、飽き飽きするようなバブル描写とか。
ガチャガチャしてまとまりのない映画だなぁというのが感想。

あまねく世代に受けようとしたあまり、あっちゃこっちゃに飛んじゃったのかしらね。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です