映画『太陽を盗んだ男』 残響のテロルの元ネタ?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

『残響のテロル』面白い。その元ネタ?

今、ノイタミナでやっている『残響のテロル』、面白いですよね。
今期のアニメの中では一番です。さすがノイタミナ。

んで、この話はある映画のオマージュだ、という意見を聞いて、そんならその元ネタの作品を観てみようかと思いまして。
観たら大変に面白かったんですな。

映画の存在は知ってはいたものの、「これを観よう!」という強い気持ちには至らず終いだったところ。
いい機会でした。

確かにオマージュでしょうな

確かに、共通点がやたら多いです。
しかもどちらも面白い。恐れ入谷の鬼子母神。

  • 主人公は「ナイン」と呼ばれる。『太陽を盗んだ男』では「9番目の核保有国」だという意味でした。
  • プルトニウムを盗みます。『太陽を盗んだ男』では東海村から、『残響のテロル』では六ケ所村から。時代を感じますね。
  • 特定の警察官との駆け引きが物語の推進力になっています。このスリルは両作に通じてハイクオリティ。

当然、『残響のテロル』では新要素が追加されています。
ナインに仲間が居たり、女の子が絡んできたり、ナインの一連の行動には生い立ちが起因しているようだったり。

ジュリー格好いい

優作とキムタクの、あいだのアイドル的存在って印象を2014年現在は受けました。
ちょっとだらしなくって、でもそこが格好いい、みたいな。

julie julie1

絶頂のアイドルだったのもよく分かります。艶がありますな。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です