『無法松の一生』 阪妻さんの「両さん」感パネェっす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

昭和の大名作映画だそうで。

1943年から1965年までに4回映画化されているってぇんですから、その人気たるや。
1963年と1965年のものは、それぞれ東映と大映での配給です。
そんだけのキラーコンテンツだったんでしょうね。

明治の小倉が舞台

舞台は明治の小倉。
人力俥夫の松五郎の周りに起こる、それほど数奇でもない運命をドラマチックに描いてるんですが、これが活き活きとしていて面白い。

当時の町並みの具合、寄り合いの様、田畑の風景。
どれも面白いです。1943年の時に「明治ってこんなんだった」という映像を撮ったということが既に面白いもの。

無法松の一生画像

阪東妻三郎ってぇ人は、なんというか、両津勘吉そのものな感じですね。
実写版『こち亀』はこの人に演ってもらえばよかったのにね。

2度の検閲

この映画が伝説的に語られている要因は、その内容の素晴らしさだけではないのです。
1943年版は、戦前に内務省により、戦後にGHQにより、それぞれ検閲を受けていることも、要因です。

そして悲劇的に、検閲を受ける前の映像は未だに見つかっていないんだとか。画像の切り貼りならあるそうですけど。

ですので、今回あたくしが観た1943年版は、物語としては大変に不揃いなものと言えます。不完全とでも言いますか。
その証拠に、監督の稲垣浩氏は1958年に三船敏郎主演で作りなおしているほど。

ちなみに、内務省による検閲は「軍人の未亡人に俥夫が恋慕するなどけしからん」ということだそうで、GHQによる検閲は「日露戦争・日中戦争での勝利を祝うシーンがある」ということだったんだとか。
はー。時勢ですねぇ。

主演が伝説の名優ばかり

第一作の松五郎は阪妻こと阪東妻三郎氏。
二作目は前述のとおり三船敏郎氏で、三作目は三國連太郎氏。そして四作目が勝新太郎氏。

どなたも伝説です。これだけで、どれだけの位の映画高、分かりますよね。
ちなみに大映版の音楽は伊福部昭氏ですって。

物語の補完のために、二作目も観ようかしら。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です