映画『の・ようなもの』 動いている扇橋師匠…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

落語愛にあふれた作品だというのは分かります。

タイトルは『居酒屋』からでしょうね。金馬師匠…一度生で観たかった。
落語ファンとしては、やっぱり先日亡くなった扇橋師匠の演技でしょう。
正直、この映画で一番上手な演技をしていたのは扇橋師匠です。

それくらい、役者陣がひどい。
あ、言い過ぎか。主役の志ん魚さんの演技が兎に角ひどい。
落語も下手すぎて……自分を観ているようでした。
多分落語の下手さは設定だと思うけれど。

映画としては山なし意味なしオチ無し。落語なのにね。
あくまで空気感。そしてその空気感を紡ぎだす周到な演出・設定・セリフ回し。
これは好き好きでしょうな。

これを痛快と見るかヌルいと見るか。
ほんと好き好きでしょう。

筋を追いかける人にゃ面白さが分からない。
芸術性を見出す人にゃ評価が高すぎる。
そんな不思議な作品のように思えます。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です