映画『有頂天ホテル』 鹿の学会は損しただけ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 7

この手のコメディ、嫌いじゃないです。

   大晦日、様々なイベントが目白押しでごった返すホテル・アバンティ。そんな時に副支配人の新堂は別れた妻と再会。妻は再婚していたが、その再婚相手はホテルの目の上のタンコブであるコールガールのヨウコと浮気を。そんなことは知らぬ新堂は、つい元妻に見栄を張って大嘘をついてしまう……。という話はごく1部。主な登場人物だけで20名以上もおり、それらの人々が織りなす2時間の物語がリアルタイムで、しかも絶妙に絡み合って展開していく。面白いのは舞台っぽいところ。あえて1シーン1カットにこだわった撮影が舞台っぽさを強調し、ちょっとやりすぎではと思える笑いの要素(特殊メイクなども含めて)も引っ掛かることなくサラリと見せてしまうのだ。三谷ワールドは全開だし、俳優たちの演技合戦も相当に楽しい。観て損なしの作品だ。(横森文)

とにかく話が長い。

”様々な人物たちに寄る様々な珍騒動”が集約する感じは嫌いじゃないのです。
敬愛する森見登美彦氏の『夜は短し歩けよ乙女』もそんな感じですよね。

根本はきらいじゃないんです、この話。
ただね。どうしてかね。100点とはいえないのは。

集約のさせ方が雑だったり、後味が悪かったり。
なんでしょ。『みんなの家』『ラヂオの時間』『12人の優しい日本人』ほどの感動はないですね。

テンポもよく、コンセプトも悪く無い。
けれども良くない、となると、ちょっとした問題かしら。

後味が悪かったのは、鹿の交配の学会さん。
あれ、ぶち壊されただけですよね……?

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です