映画『東京家族』で、蒼井優が女神化されすぎていてシックリこない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

窮屈そうに感じるのはあたくしだけでしょうか。

言わずと知れた小津安二郎監督の『東京物語』を、大々的にオマージュしてリスペクトして作り上げられた本作。
その通り、カメラアングルやカットの仕方、色彩やストーリー、登場人物の立ち位置の関係まで、何から何まで「小津好きな人が作った映画だなぁ」と感じさせます。

普通は「◯◯好きな人が作った映画」というのは陳腐になって、高校や大学などでみられる「リスペクトげ」な作品に仕上がるのが常ですが、あまりそこは気になりませんでした。やはり役者の力、スタッフの力、そして監督の力でしょうな。

『東京物語』では、両親の相手をしてくれたのは息子の嫁さん・紀子氏でした。『東京家族』ではその紀子氏の役を蒼井優がやっています。これがまた、現代の女性らしく素直で強か。素直すぎて感情移入出来ないくらい。

途中、「いざというときのために持ってきたお金」を、お母さんが息子の恋人である蒼井優に渡すシーンがあるのですが、蒼井優はあそこでしっかりその気持を受け止めるんですね。
「え?受け止めちゃっていいの?」みたいな。「重くない?」と思うところですが、そこをガッツリ受け止める。

蒼井優氏を悪女にしろ、とまでは言いませんが、彼女のもつ「純朴さ」のようなものが神格化されすぎていてちょっと気持ち悪かったです。
でも、映画としては結構楽しめました。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です