『掟上今日子の備忘録』 最終話はテレビ的な編集でガッカリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

今期、唯一観ていた国内ドラマです。

掟上今日子―またの名を、忘却探偵。すべてを一日で忘れる彼女は、事件を(ほぼ)即日解決!あらゆる事件に巻き込まれ、常に犯人として疑われてしまう不遇の青年・隠館厄介は今日も叫ぶ。「探偵を呼ばせてください―!!」スピーディーな展開と、忘却の儚さ。果たして今日子さんは、事件の概要を忘れる前に解決できるのか?「化物語」「めだかボックス」の西尾維新がおくる新シリーズは探偵物語!

関係ないけど、自分はずっと「忘備録」だと思ってました。
Google的にも「備忘録」の方がメジャーだそう。でも、「忘備録」も言わないことは無いそうです。

さて、本作。
ドラマ化にあたって、演出がかなり新房監督的というか物語シリーズアニメに寄せて作られていて、アニメが好きだった人間(という僕は化物語以降ほとんど観ていない)には受けるんじゃないかしら。

結構面白く、毎週期待しながら観ていたら、最終回にはガッカリでした。
それまで、ツンで通してきた今日子さんが急に瓦解したようにデレはじめて。
最後にゃ「明日ももう一度最初から口説いてくださいね」みたいな柄にもないセリフを吐く始末。んで、決まったように唇を求める。

これはいただけません。きっと西尾維新の原作には無いはず。
むしろあったら見損なうレベル。テレビ的編集による劣化だと思いたいですな。

ただ、TV化することで良いことも。
それは……ガッキーが可愛いこと!!あぁ、ガッキー、可愛いよ、可愛い。
二次元に勝てるとすれば、ガッキーしかいないよ、今は。

ガッキーの可愛い写真

リンク先より引用

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です