桃月庵白酒独演会@中野 あたくしも白酒師匠に『首ったけ』ですわ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

メインが白酒師匠で、ヒザが米粒写経なら、観ないわけにいきません。

2015-10-31 21.45.25

前座のひしもちさん。
芸歴が浅いのかしら。セリフはよく覚えてらっしゃるのですが、面白さが全然客席に届いていませんでした。
ただ喋っているだけ、といいますかね。
道灌で笑いを取るのは難しいですけれども。

粗忽長屋

「いきなり!?」と思わざるをえない、いきなり粗忽長屋。
しかし、白酒師匠の屈託のない邪気に感化され、どうにも八も熊も愛すべきキャラクターとして感じざるを得ませんでした。

なんでしょうね、白酒師匠のあの、フラは。
全員がヌケてて、邪気があって、でも腸はないような。

首ったけ

久しぶりにききました、この根多。
いや、むしろ、生で聞いたのは初めてかも。

『棒鱈』かしら、と思いながら、違うな、と来て、下げまで根多が分かりませんでしたが。そうですか、首ったけ。

これも白酒師匠がやるとここまで面白い。

米粒写経の漫才

『乾杯ネタ』の漫才を中心に、猪木落語などを混ぜ、長尺の漫才を披露。
会場は爆笑の渦に。

思えば、白酒師匠の会に来るような人は落語のリテラシーがある程度高いから、猪木落語の面白さも伝わりやすいし、もっと言うなら、米粒写経の漫才の面白さも伝わりやすいような気がしました。
普通のコンテストとかに出るより、落語のヒザの方が向いているような気すらしてしまいます。

抜け雀

自らの言い間違いをスラっと落語の中に組み込んで笑いに転じる技術たるや。
もう、何も言えずにただ笑うだけでした。
ちょっとお疲れ感が出てましたけど、それでも大満足。
しかし、この噺の下げ、今じゃ分からないですよねぇ。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です