桂文三師匠が面白い。生で観てみたいなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

テレビで落語がやらなくなって久しいので、なかなか上方落語を目にする機会がないですよね。

先日放送された、『喬太郎の迎賓館』に出ていたのを観ていたら、面白いのなんの。
天才だと思いました。ようがす、崇徳院。

笑いの多い、関西人らしい、いい様子ですねぇ。

いつもニコニコする大切さ

素人の会で、ちょくちょく高座にあげてもらっているんですけどね。
あんなに笑えないですよ。セリフが飛ばないようにするので必死になってね。

なんだったらお客さんの反応なんか観ていない時ありますからね。
もう無我夢中。

しかし、文三師匠は番組の中でおっしゃってました。いつも笑顔で居ることの難しさと大切さ。
文字にすると何だか気持ち悪い”意識高い系”みたいになるけど、そうじゃない。
ほんと、大事ですよね。
こっちがニコニコ、愛想よくしていないとお客さんも身構えちゃいますからね。
有名人の落語ならともかく、相手は素性のしれない素人ですし。

単純に憧れます。ああ在りたい。

何より、崇徳院、面白かった。上方はやはり、漫才と伍して生き残らなければならないだけあって、江戸落語にはないパワーがあります。

桂文三師匠、これからちょっと追いかけさせていただきます。

桂文三師匠

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です