『喬太郎・一之輔・白鳥三人会』 みんな伸び伸びやってて最高!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

この三人。組み合わせがどう化学反応を起こすか楽しみでしたが、結果最高でした。

2016-02-16 20.45.50

まずは前座の白鳥さんの弟子であおもり。
自身が“にいがた”だったことからの引用でしょうね。
あおもり出身なのでしょうか。

出てきた時は死にそうな顔してましたけどね。
一応『子褒め』をやりきりました。
今日一番の共感はここで。初高座って、本当に死にそうになるよね。

喬太郎 『夜の慣用句』

以前、テレビで観たネタ。
まさか生で聞ける日がくるとは。

「古典にすりゃ良かった」というところまでがネタなんですね。
しかし、生で聴く『夜の慣用句』、最高でした。爆笑。

一之輔 『明烏』

中入り後は一之輔師匠の『明烏』。
喬太郎師匠が新作であったがため、本日の古典は彼の双肩にかかっておりました。
そしてそれを受け、見事にやりきった『明烏』。

甘納豆まで含めて、以前末広でみたのと変わらぬクオリティ。
さすがです。

登場人物の可愛らしさが、一之輔師匠の魅力ですよね。
振り回す方も回される方も、可愛いのなんの。

白鳥 『隅田川母娘』

待ってました!白鳥師匠の皇室いじり。
もうね、ライブ中にライトウィングの方々が発砲しないかヒヤヒヤするくらいのやばいねた。
それこそ週刊実話とかに出てきそうなライトウィングさんたちの神経を逆撫でするような。

愛子様に雅子様、皇太子様までもが登場する、素晴らしい皇室落語。
やはり”日本の言論の自由”と”落語家の反骨精神”は生きていたと思わせる素晴らしい一席でした。

夢空間はこれくらいの尺で話を用意してくれると嬉しいですね。
いい夜でした。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です