鶴川落語会『白酒・一之輔毒吐き二人会Vol.6』 やっぱり勢いがある #落語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 7

乗りに乗ってるお二人。一之輔師匠はプロフェッショナル出ちゃったしね。

「毒吐き」という看板をかかげられて、それでもちゃんと毒を吐くお二人。
すごいなぁ。さすがプロフェッショナル(しつこい)

道灌

まずははまぐりさん。この間の昇太・三三の会のときもはまぐりさんでしたっけ。道灌ってやっぱりTHE落語的。
二つ目も近いかしら。

松曳き

田中の三ちゃんが粗忽な『松曳き』、好きな噺なんですが、なかなか生で見ることがなくて。それを白酒師匠で観られたんだから嬉しいです。

白酒師匠のくすぐりの上手さが際立った噺でしたね。
一度つかったくすぐりを後でもう一度持ってくる、天丼。
何度も何度も繰り返し、わかってても笑ってしまう繰り返し。
間にちょいちょい挟んでくるブリッジ。

細かいところだけどすごくテクニカル。良い松曳きをみました。今度自分でもやってみようかな。

天狗裁き

一之輔師匠の天狗裁き、初めてみました。

一之輔師匠の演る強気なおカミさん、最高ね。実感が篭っていますかしら。
隣で笑ってたウチの妻はどう思ったかしら。勝手に「お互い苦労してますね」なんて言いそうになる。

天狗のクサさもまた、一之輔師匠らしいコミカルな感じ。

普段の袴

中入り後。さらっと演った普段の袴。
申し訳なさそうにタバコをもらう仕草が現代的でした。
どこまでも一之輔師匠らしい、いい高座。

化け物使い

志ん朝師匠がやっていたのを何パターンもCDで聞いたことがありますが。
馬派の噺なんでしょうか、あまり柳家とかで聞いたことがないもので。

松曳きと違い、余計なものを入れずにソリッドに演った印象です。
それもそれでまた、白酒師匠の違った魅力を垣間見たような気がします。

ケチなご隠居の「元御家人感」みたいなものが強調されていたかしら。
あたくしは初めて「あぁ、この人は元御家人だから人使いが荒くても聞いてしまうんだな」とぼんやり思いました。

何度か聞いてる噺でも、やっぱり新しい解釈が生まれるから落語って面白いですな。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です