鶴川落語会『権太楼たっぷりwith奈々福』 さすがのゴンちゃん #落語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

後ろの席の人が始終「顔が面白い」と言ってウケてました。
なるほど、そういう見方もありますね。

確かに権太楼師匠は顔が面白い。
滑稽噺なんてやると、それが十分にプラスに働いてますね。

柳家ほたる『祇園祭』

江戸っ子の啖呵が気持ちいい話。
やってみたいけど、一方で関西弁に自信がないので無理かな。
金明竹とかなら、なんとかエセ関西弁でもいけそうですけどね。

バカバカしくって気持ちいい高座でした。

柳家権太楼『お化け長屋』

いきなり大家さんに怒られた後から入る型でした。
この入りだと、初めて聞く人に分かりづらくはないか、などと心配してしまう無粋者のあたくし。

しかし権太楼師匠の会場にはそんなリテラシーの低い人はいないようでした。

玉川奈々福『金魚夢幻』

人生初の玉川奈々福さん。

やっぱり声がすっと通っていて気持ちがいいですね。
滑舌自体はそこまで良くなくとも、喉がいい。あとクスグリの入り方がお上手。羨ましいですな。

浪曲に慣れていないせいか、演芸を腹で消化するのに時間がかかってしまって。
なかなか素直に楽しむというのも難しいものですな。

柳家権太楼『唐茄子屋政談』

お目当て、長講一席。
サゲまできっちりやりましたね。流石にお疲れの様子でした。お疲れさまでした。

勘当から身投げまでの流れが、他の方より圧倒的に早かったような気がします。ここを端折ったのか、芸がそう思わせたのか。
とにかく、この場面は肝ではなかったような印象。

逆に、このおじさんの人情家っぷり、若旦那の義士っぷりが強調されていました。
なるほど、より人情噺に寄せてきた、ってことですかね。

夏のお話。
気持ちもいいですし、色々と考えさせることも、大ゴザンス。
今日はみっちり回想して、あーでもないこーでもない、やろうと思います。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です