末広亭の9月中席に行ってきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

お目当ては一之輔師匠、たい平師匠、彦いち師匠、そしてトリの喬太郎師匠でした。

長時間座っているのが耐えられなくなり、結局夜の部の仲入りで帰りましたが、収穫はありました。

一之輔 『普段の袴』

動きがコミカルで繊細で、バランスが素晴らしい。
八五郎の粗忽な愛されキャラっぷりも存分に出ていて、大変よいです。

15分程度のネタ、これが落語の王道ですよ。
聴いている方もちょうどいい。
長尺のばかりのホール落語は、やっぱり邪道だなと思いました。

たい平 『禁酒番屋』

この間、某ホールで聴いたマクラと全く同じマクラでした。

根多が同じなのは構いませんが、マクラが同じだとやっぱりガッカリしますね。
まったく同じなんだもの。「笑点メンバーで人間ドック」の話。

ネタの禁酒番屋はいい出来でした。
もっているフラが存分に出ていて、分かりやすい仕上がり。

彦いち 『ねっけつ!怪談部』

これこれ。これは聴きたかったんです。
やっと聴けました。

間もいいし、口調もはっきりしていて鋭い。
それでいてしっかり登場人物が抜けている。

「やる気のない怪談部に、熱血教師がやってきて」という、色々とシュールな設定ですが、彦いち師匠の熱量で演られると滑稽さが際立ちます。

秋刀魚食いたくなったから

仲トリの金原亭伯楽師匠が『目黒のさんま』を演られましてね。

聴いていたら、お腹空いたのとおしりが痛いのとに気付きまして。
で、末広亭を後にしました。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です