駐車場の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 7

さて、車を買うとなると、必要なのが駐車場。
都会だと月に2~5万くらいかかります。

あたくしの住んでいるあたりじゃ、まぁ、8,000~2万円くらいが相場ですかね。
東京の郊外なもので。

で、値段から条件から調べていたら、色々と勉強になったので記録しておきます。

平置きか、機械か、立体か

地べたに直置きする平置き・機械が取り出してくれる機械式・駐車場専用の建物である立体駐車場。
駐車場は大きく分けるとこの3つになります。

どれもメリット・デメリットあるのですが、屋根の有無・取り出しの容易さ・値段などですから、自分の優先順位と相談して決めるといいと思います。

ちなみに、あたくしが納得いかないのは機械式の値段の高さね。
一つのスペースに複数の車両が置けて効率的なんだから、平置きよりも安くていいと思うんですがね。平置きにくらべて5割くらい高かったりするんです。ちょっと納得いかん。

敷金・更新料・仲介手数料・更新時期

これらの要素は不動産屋さんによって取ったり取らなかったり。
「駐車場の更新料ってなんだよ!」って思ったりしませんか?

ぶっちゃけ、ベストなのは持ち主と直接契約しちゃうことです。
あたくしはそうやって、敷金礼金手数料ゼロで契約しました。

「知り合いの土地て、月3,000円で借りてる」という猛者もいるので、友人に地主がいたら掛けあってみるといいかも。持つべきものは地主の友達ですな。

結構色々考えなきゃ

あとは、住んでいる場所の近くに一時停車出来る場所があるかどうかとか、結構大事です。
車を持ってきて、ちょっと置いておく場所があると、ある程度駐車場が遠くても大丈夫ですし、それが無いとなると荷物の搬入搬出が大変。

あたくしの家には大家さんの好意で「共同一時駐車場」というのがありまして、少し先から車を持ってきても一度置いておけるので大変に便利。
大家さん、ありがとうございます!

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です