共働きの家事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

我が家は共働きである。
給料も同じくらいなので、当然、家事は平等に分けていた。家事・炊事・洗濯など、平等に等分していた。少なくともこっちの認識としては。

そして、現在は妻は二番目の子供の育休中である。
上の子は幸いにも保育園に行けているので、日中は子育てのある専業であると言える。

さて、ここで最近の僕の悩みである。
現在育休中の妻の家事は、幾ばくであるべきか。

冷静に考えてみると、共働きしていたときの頃と、大して変わらぬ家事量である気がする。もちろん、育児はプラスしてあるものの、だ。

僕について言わせてもらえば、朝食は自分で用意するし、お弁当も自分でつくる。
帰ってきて食べる晩御飯は妻の作ってくれたものだ。
そして子供を風呂に入れるのは僕の仕事。
子供が寝たあとに家族全員分の洗濯。これは二人で行う。

掃除は週末に全員で。
買い出しなどはお互いに都合のいいほうが行う。

となると、よく考えれば、育児を抜かした家事について、「晩飯をつくる」以外は妻は増えていないのだ。
「専業主婦なんだから洗濯や掃除はやってくれよ」と思わないでもない、いや、思っている。思っているけれども、口に出すと200%喧嘩になる。なので出さない。出せない。

出せないからブログに日記として書く。
ただそれだけのことでした。

いつか僕はリタイアしたとき、向こうはまだリタイアしてなかったら、同じように家事は分担してやろう。何も言い返せないはずだから。

向こうの言い訳は「育休は育児のための休みだから」である。
でも幼児は昼寝も長いし、うちの二番目は一人遊びも上手だ。

さぞ育休は楽しかろう。
もし3人目があるのなら、今度は僕が育休をとりたい。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です