『餃子の王将』だけじゃない中華チェーン。今日は『中華食堂一番館』で炒飯食べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

最近、やたらと中華チェーンにハマっています。

スクリーンショット 2014-05-22 19.29.56

先日、餃子の王将へ行った話を書きましたが、まだまだ序の口。
これはただの炒飯の旅の第一歩に過ぎません。

本日行ってきたのは中華食堂一番館。
KVCという会社が展開している安価な中華チェーンです。

関東近郊でのみ展開しているとのことですが、ほぼ東京ですね。

ここの何が素晴らしいかって、昔はビールが安かったこと。
生という名の発泡酒が300円以下で飲めました。店によるのかもしれませんが。

しかし、昨日行ったら発泡酒のくせに400円くらいしました。
炒飯も、気のせいか具が少なくて。

ただ、あのウェイパーの味しかしない炒飯が、どうしても食べたくなる時があるのです。
安い舌、と思うなら思え。
しかし、無性に食いたくなるのだから、仕方がない。

日頃は「薄味で小粋なおじさん」を気取ってはいますが、やっすい炒飯とか、二郎とかを食しているときのあたくしは単なる餓鬼です。飢えた中年です。

2014-05-20 18.14.45

えへへ。でも無性に食いたいんだもの。仕方ないですよね。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です