松屋カレーの究極形態!?マイカリー食堂は微妙だった件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 7

松屋フーズの送り出す、カレー専門店

カレーファンにも高い評価を受ける松屋。
その松屋が渋谷にカレー専門の店を出しました。
その名も『マイカリー食堂』

喜び勇んで行ったのですが、はっきり行って微妙でしたね。
美味い、のは美味いのですが、コンセプトがはっきりしない、というか。

マイカリーは自分ちでしか作れない

外食でカレーを食べる時、あたくしは必ず「家では出せないもの」を要求します。
薬膳たっぷりだとか、パウダーが凝っているだとか。

もしくは、早い・美味い・安い。
カレーはラーメン以上にハズレがありませんから。

ところが、ここのカレーは安くはないけどオリジナリティがない。
「トッピングでオリジナリティを付けてよ!」的な雰囲気なんですが、オリジナリティは後から載せて出せるようなものだけじゃない
むしろ、食材選びから、いや、作る気分や場所から、オリジナリティは始まってます。

それを、「あとのせサクサク」くらいの軽い感じで「マイカリー」なんて歌われてもね。
まさに洒落臭いすわ。片腹痛し。

やはりカレーは奥深い

仕方がないので、白山の「じねんじょ」を食おう、と思ったら、閉店しておりました。
しばらく顔出さなかったら、閉まっていた…ショボーン。

大人しく家でカレー作ります。
悔しいから、クミンをたっぷり入れます。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です