十返舎一九の辞世の句が格好良すぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

こういう死に方をしたいものです

言わずと知れた江戸後期のマルチタレントですが、辞世の句が格好良すぎます。

この世をば どりゃおいとまに せん香の 煙と共に 灰左様なら

「線香」と「灰」がダジャレってぇのが粋ですな。
我々も、いつ死んでもいいように、しっかりと辞世の句を考えておかねば。

火葬した際に花火が出た

「一九は予め、自分の身体に火薬を仕込んでおいて、火葬した時に花火を出してみんなをびっくりさせた」
という逸話がありますが、これは初代林家正蔵師匠が作った噺だとか。

むかしから落語家なんてのはあてになりませんやな。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です