『有頂天家族 二代目の帰朝』 読み返すごとに味が出る

『有頂天家族 二代目の帰朝』 読み返すごとに味が出る

やっぱり夷川早雲、生きてたね。 狸の名門下鴨家の三男・矢三郎は、親譲りの無鉄砲で子狸の頃から顰蹙ばかり買っている。「面白きことは良...

記事を読む

久々に野球

久々に野球

朝起きると二日酔いでした。そりゃそうだ。飲み放題だと思うとついつい飲みすぎる。 いい年こいて、なかなか治らないね、この癖。 なんとか這うよ...

記事を読む

餃子の王将

餃子の王将

今、久々に餃子の王将で独り飲み。 年とともに誰かと飲むのが煩わしくなってきているなぁと思う。 餃子の王将は五時過ぎだというのに出入り...

記事を読む

『夜は短し歩けよ乙女』 何度目だろうか、読むの③

『夜は短し歩けよ乙女』 何度目だろうか、読むの③

何度読んでも名作。 映画も観て、改めてゆっくり読むと、風景描写が抜群に上手いことに気づきます。あれ、上手い、のかしらん。好みだ...

記事を読む

鶴川落語会『白酒・一之輔毒吐き二人会Vol.6』 やっぱり勢いがある #落語

鶴川落語会『白酒・一之輔毒吐き二人会Vol.6』 やっぱり勢いがある #落語

乗りに乗ってるお二人。一之輔師匠はプロフェッショナル出ちゃったしね。 「毒吐き」という看板をかかげられて、それでもちゃんと毒を...

記事を読む

『淫売婦』 プロレタリア文学……らしいよ

『淫売婦』 プロレタリア文学……らしいよ

正直、これがプロレタリア文学なのかどうかと言われると、わかりません。 日本のプロレタリア文学を先導した作家、葉山嘉樹を代表する短編...

記事を読む

『入れ札』 菊池寛を初めて読む

『入れ札』 菊池寛を初めて読む

そいや、彼の著作は未読だったんですな。 作家でありながら、文藝春秋を作った実業家。 みたいな認識しかありませんでした。 ...

記事を読む

『はじめて読む人のローマ史1200年』 ローマこそ古典

『はじめて読む人のローマ史1200年』 ローマこそ古典

ローマ史っていい古典感がすごい。 ローマはこれだけのことを教えてくれる!「ローマの歴史のなかには、人類の経験すべてが詰まっている」...

記事を読む

帰省最終日

帰省最終日

妻の実家に帰省中。 昨日はバーベキューで気持ち悪くなり申した。 いただいた筍の天ぷらが美味いのなんの。バクバク。 沖縄土産のチラガーという...

記事を読む

名古屋飯

名古屋飯

妻の実家に帰省中。結婚して4年にもなると、他人の家でも過ごし方が分かってきます。向こうもあたくしの扱いを心得たもので、黙ってビールを冷やして...

記事を読む

米粒写経のガラパゴスイッチ#27 明智光秀の子孫の話

米粒写経のガラパゴスイッチ#27 明智光秀の子孫の話

偶然、読み終えたばかりの明智光秀の子孫の著作について、居島さんが話すとはなぁ。 不味い飯を食ったという報告から入る居島さん。 ...

記事を読む

『寝ずの番』 らもさん面白いよ

『寝ずの番』 らもさん面白いよ

笑福亭松鶴の『らくだ』、生で聞いてみたかったですなぁ。 希代の咄家・橋鶴が最期までオチをつけてオッチンだ。今宵は弟子たちが集まる通...

記事を読む

『21世紀の落語入門』 そりゃまぁ、叩かれるわな……

『21世紀の落語入門』 そりゃまぁ、叩かれるわな……

悪意のある本ではないと思うのですが、そりゃまぁ、嫌われるでしょうね。 ファン歴三十数年の著者が、業界ヨイショ・しがらみゼロの“客目...

記事を読む

久々の草野球

久々の草野球

遅れましたが今年初の野球。ダブルヘッダーで楽しみました。 真正面のいい当たりとライン際で好捕された打球とで、2本くらい安打を損しましたが、...

記事を読む

iPadをレンタルしてみた

iPadをレンタルしてみた

すごい時代になったものです。 DMM.com [【長期】iPad Pro 128GB 9.7インチ WiFiモデル ゴールド]...

記事を読む

映画『夜は短し歩けよ乙女』 減点法ではいかんのよ

映画『夜は短し歩けよ乙女』 減点法ではいかんのよ

原作が好きすぎて、つい、ね。 「四畳半神話大系」「有頂天家族」などで知られる人気作家・森見登美彦の初期ベストセラー作品で、黒髪の乙...

記事を読む

2017冬振り返り アニメ編

2017冬振り返り アニメ編

マツオさんとの収録が遅れているため、かんたんに手書きでまとめておきます。 鬼平 今期ベストアニメでした。やはり原作力で抜きん出すぎていて...

記事を読む

古典落語『ろくろ首』文字起こし

古典落語『ろくろ首』文字起こし

次はちょっと夏の怪談ぽい噺を。 「何してんだ、おぉーい。 そこに、ガタガタやってんなぁ。 与太郎だなぁ、おめぇは、えぇえ。こっちへ入れ...

記事を読む

『珍夜特急1―インド・パキスタン―』 バイクのりてぇ、放浪してぇ

『珍夜特急1―インド・パキスタン―』 バイクのりてぇ、放浪してぇ

学生時代、あたくしもエジプトの砂漠を自転車で走破した男です。 インドのカルカッタからポルトガルのロカ岬まで、ユーラシア大陸を単独バ...

記事を読む

昇太・三三二人会

昇太・三三二人会

ちょっと前になりましたが、備忘録的に。 桃月庵はまぐり『たらちね』 ここ2年位、はまぐりさんの前座に立ち会うことが多いような気がします。...

記事を読む

結局、家族だけが残る

結局、家族だけが残る

色々な方面に顔を出したりして、それなりに手広く遊んできましたが、ここにきて限界を感じています。 まず所属している野球サークル、これが破...

記事を読む

『絶対にうまい食べ方 中経の文庫』

『絶対にうまい食べ方 中経の文庫』

かなり危険な食いしん坊です。 不規則な勤務体制の業界においても、緻密な戦略により1日3回、どんな食事でも「一番おいしい食べ方」を見...

記事を読む

鈴々舎馬るこ真打披露興行

鈴々舎馬るこ真打披露興行

上野鈴本まで行ってまいりました。 一朝師匠の『家見舞』、金馬師匠の『親子酒』、市馬師匠の『高砂や』、どれも良かったですねぇ。 ...

記事を読む

エレファントジョンが解散!?

エレファントジョンが解散!?

好きだったお笑い芸人さんたちの解散というのは、独特の寂しさがあります。 allowfullscreen> 今までで最も悲し...

記事を読む

昔好きだった人の夢を見た

昔好きだった人の夢を見た

夢は五臓の疲れ、などと申します……って今は申さないですな。 大学時代に好きだった人の夢をみました。 ずっと好きで、とはいえ別...

記事を読む

『昭和史 1926-1945』 大きい昭和はここから学べる

『昭和史 1926-1945』 大きい昭和はここから学べる

政治的思想の相違は別にしても、わかりやすい名著であることは間違いないでしょう。 授業形式の語り下ろしで「わかりやすい通史」として絶...

記事を読む

『11分間』 純文学的、というべきか

『11分間』 純文学的、というべきか

言い回しのおしゃれさにうっとりしないこともないですが 「むかし、あるところに、マーリアという名の売春婦がいた」。マーリアは、ブ...

記事を読む

結局dahonのboadwalk買った

結局dahonのboadwalk買った

なんだかんだで、下見しに行くと欲しくなっちゃうんですわな。 dahonのエントリーモデル、routeとboadwalkで悩み、...

記事を読む

折りたたみ自転車がほしい②

折りたたみ自転車がほしい②

あいかわらずほしいのです。 現在の愛車をスポーツ自転車リサイクル専門店に売却しに持っていった所、査定は1,500円。確かに乱暴...

記事を読む

折りたたみ自転車がほしい

折りたたみ自転車がほしい

輪行して、どっかにふらっと行って、そこから自転車に乗れたら最高じゃないですか。 いままではGIANTのSEEKというロードバイ...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 38