ホークスの2014シーズンを考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 7

2014レギュラーシーズン終了

サヨナラ勝ちで、何とか優勝。もうここ数試合は胃が痛かったです。
秋山監督も優勝早々に号泣されていました。指揮官は辛いヨねぇ。

さて、いちファンとして、ホークスの今シーズンを振り返ります。

センター柳田と守護神・サファテの固定はでかい

柳田が凄いのは打撃と足だけではないのです。
肩も強い。守備の上手い下手では語れない部分もありますが、あの守備範囲と方の強さは長谷川には無かったもの。

今日の試合でも先制点を未然に防ぎましたが、肩の良い外野手というのは失点を未然に防ぐ力がありますからね。
144試合、彼が中堅を守れたというのは、数値にならない貢献であります。

あとサファテね。
文句なしの守護神ですな。ほとんど直球で、わかってても打てない。
かなり球が唸ってましたね。

あと、吉村が終盤に力を与えてくれたのもでかいですね。
あんなに選球眼が良くて、右打ちが出来る選手だったとは知りませんでした。
横浜の時とは別人のような。

イデホ、長谷川の打撃不振

というと、他のチームの人に怒られそうですが。

イデホは、正直物足りませんね。
打点は結果だとはいいますが、シーズン通して4番で出て、68打点は物足りません。
OPS.は8.20くらいなので、けして悪くはないんですが、4番として怖さが足りないシーズンでしたね。

長谷川さんは…怪我が響きましたか。
昨年は首位打者をとって、OPS.も9を超え、ちょっと長打に色目が出てきたかと思われながら始まったシーズンではありました。
フォームが硬くなり、リストの柔らかさが生きてこない感じはあったんですが、やはり率が3割に届かず。

あと、守備の人・城所選手の守備に雑さが目立ちましたね。
好きな選手ではありましたが、ガッカリです。

 来期は柳田を4番に?

イデホが居る限り、4番は彼だと思いますけどね。
ただ、柳田をどう育てるかは難しいですよね。今みたいに1番でいいんですかね。
中村は確かに1番より6番の方が向いているかもしれませんが。2番もありだと思うけど、「2番今宮」に監督は相当こだわりがありそうですし。

猪本とか山下とか、生え抜きの捕手が欲しいです。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です