横浜DeNAベイスターズの久保選手が好きだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 7

ロッテ→阪神→DeNAとジャーニーマン

かつてロッテの時には煮え湯を飲まされた記憶がありますが、今、横浜で頑張っている姿をみるとグッと来ます。

社会人からロッテに入った時は「松坂世代最後の大物」なんて言われてましたっけ。

緩急とコントロールで勝負出来る上に球筋も良い

彼を観ていて、小気味いいと感じるのは、その緩急が効果的だからですな。

コントロールも良く、コーナーをつくピッチングをするかと思いきや、大胆にチェンジアップを投じてきたりする。
外角低めの直球の球筋は綺麗で、なんどホークスの選手が見逃し三振を喫したか。

摂津も同じタイプだと思うのですが、外角低めに良い直球を放る投手だからこそ、打者は緩急に翻弄されるものです。

良い時の久保はまさに変幻自在。仙人か忍者のような飄々とした佇まいで淡々とイニングを食べていきます。
逆に悪い時は四球が多く、甘い球を投げざるを得なくなって一発を食らうタイプですよね。

イケメン・上沢に投げ勝つ

6月26日の試合の久保は、まさに良い時の彼でした。

四球を出さず、淡々と投げ勝つ。
低めにボールが集まり、緩急とキレで打者を翻弄する。

後ろで投げる大原・三上が良いというのもあって、気がつけば7回1失点。
さすがの投手ですな。

相手の日ハム・上沢投手は顔も可愛いしいい投手なのですが、「まだまだ若いもんには負けん」とばかりにひょうひょうと投げてましたね。いやー、格好良かった。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です