夏だからこそ、甲子園ではなく二軍戦を観るべき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 7

暑い中やることが偉くはない

もうね、声を大にして言いたいのですよ。
甲子園は「残酷ショー」ですか、ってね。暑い中100球以上投げることが、どんだけ異常なことか。

そんな中でも頑張って、腕がちぎれても構わないとばかりに投げる球児たち。
そしてそれを良しとする風潮。

あたくしは信じられません。
「野球は太陽のもとでやるものだ」というのはカブスの伝説のオーナー・フィリップ・リグレーの言葉ですが、あれは日本の夏を知らないから言える言葉であってです。仮に知っていても、シカゴには関係ないから言えるのであって。

暑いものは暑いし、そんな中でやる野球に健全性なんてないですよ。
真剣にやるのは当然ですが、今はドームとかあるんだからさ。

「甲子園でやるから良いんだ!」って人もいますが、他の球場でやったら魅力が落ちるものですかね。
武道館でやろうが、埼玉スタジアムでやろうが、丸の内でやろうが被災地でやろうが、良いものは良い。それで良いじゃないですか。

だからあたくしは二軍戦を観る

だからね、あたくしはナイターの野球を観るんです。
しかも二軍戦。これ最高ね。

2014-08-08 19.41.33 2014-08-08 19.41.29 2014-08-08 19.41.26 2014-08-08 19.46.27

涼しいし、食べ物の持ち込みにうるさいこと言わないし、何より空いてます。
子連れで行ったのですが、子どもはその辺をブラブラしてて、それでも十分なほどに空いているんです。
これが良い。

ビールやワインを飲みながら、適当に枝豆やそら豆を食べて、そんで夜風に吹かれる。
最高です。
神宮やハマスタもいいんですけど、やっぱり人が多いですからね。
ある程度客席に余裕があったほうが、夏はいいですよ。風が通って涼しくて。

野球のレベルも高かったり低かったりで、大変に和みます。
草野球の延長のようなプレーも飛び出して、思わず「野球ってこういうスポーツだったよな」と納得してしまうほど。

そうです、夏だからこそ、ナイターの二軍戦なのです。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です