自動下書き 一覧

『それから』感想③ 読み手を試す本 #それから #夏目漱石

『それから』感想③ 読み手を試す本 #それから #夏目漱石

続き。兎に角登場人物の個性が際立つ。個性的な登場人物というよりは漱石によってよりソリッドになっている印象。 位置: 1,381 さうかと...

記事を読む

『それから』感想② ほんまもんの高等遊民やな #それから #夏目漱石

『それから』感想② ほんまもんの高等遊民やな #それから #夏目漱石

金持ちしかニートになるべからずっちゅーことすか。 位置: 505 代助は月に 一度 は必ず 本家 へ 金 を貰ひに行く。代助は 親 の ...

記事を読む

『それから』感想① 考え過ぎは良くない #それから

『それから』感想① 考え過ぎは良くない #それから

とにかくうつ病まっしぐらのような考え過ぎの作品。心の平安を保ちながら読まなければ、逆にヤラれてしまうかもしれない。 明治期の文学者...

記事を読む

『先生と私』感想⑤ 時代特有の青臭さ #佐藤優

『先生と私』感想⑤ 時代特有の青臭さ #佐藤優

革命だなんだ、というのはちょっとその発想自体がノスタルジーを含むところになっていますね。 位置: 2,047 「先生は、どうやったら世の...

記事を読む

『料理のお手本』読了 背筋が伸びる #辻嘉一

『料理のお手本』読了 背筋が伸びる #辻嘉一

京の文化への猛烈なあこがれは、やはり根強いんですな。 懐石料理六〇年余。料理修行の哀歓から、ダシの取り方、揚げ物の勘どころ、納豆に...

記事を読む

『新編忠臣蔵』感想③ 吉川文学のロマンチックさ #忠臣蔵 #吉川英治

『新編忠臣蔵』感想③ 吉川文学のロマンチックさ #忠臣蔵 #吉川英治

清水一学、カッコイイ、と今更気づく34歳。 人生は永遠に勉強ですな。 位置: 6,571 「赤穂、京都、山科、その他を、実地に隠密して...

記事を読む

『新編忠臣蔵』感想② 清水一学カッコイイ #忠臣蔵 #吉川英治

『新編忠臣蔵』感想② 清水一学カッコイイ #忠臣蔵 #吉川英治

前回の続き。 講談のようなリズムの良い文章がきもちいですね。 位置: 1,951 「まちっと参りましょう。まちっと、真っ直ぐにお歩きな...

記事を読む

『新編忠臣蔵』感想① 忠臣蔵、通して読むのは実は初めて #忠臣蔵 #吉川英治

『新編忠臣蔵』感想① 忠臣蔵、通して読むのは実は初めて #忠臣蔵 #吉川英治

今はこれが200円で買えるんだから凄い。 吉川英治の歴史小説超大作『新編忠臣蔵』全20巻収録。 あの『宮本武蔵』の7ヶ月後に刊行...

記事を読む

米粒写経のガラパゴスイッチ#32 タツオさんボケる #米粒写経

米粒写経のガラパゴスイッチ#32 タツオさんボケる #米粒写経

今回の漫才、好きだわー。 前回は年末で行けなかったので、友人に頼んでチケットを購入してもらいました。しかし、今回から1人2枚の制限付き...

記事を読む

『響~小説家になる方法~』感想② あと乳首な #響 #小説家になる方法 #柳本光晴

『響~小説家になる方法~』感想② あと乳首な #響 #小説家になる方法 #柳本光晴

昨日書いたとおり、大好きな作品ではあるのですが、ちょくちょく気になることが。 これと これね。 どちらもシリアスでキャ...

記事を読む

『響~小説家になる方法~』感想① 純文学とは #響 #小説家になる方法

『響~小説家になる方法~』感想① 純文学とは #響 #小説家になる方法

これは、と思いました。 とある文芸編集部の新人賞宛に送りつけられた、直筆の投稿原稿。 編集部員の花井は、応募条件を満たさず、 ...

記事を読む

『BARレモン・ハート』 当方、味音痴やさかい…… #レモンハート

『BARレモン・ハート』 当方、味音痴やさかい…… #レモンハート

酒の世界も死ぬほど深いからね……。 心優しき男たちが夜毎集う酒場、『BARレモン・ハート』。名人マスターの人を見る目は酒を見る目。...

記事を読む

『あさひなぐ』感想② まさかの哲学 #あさひなぐ

『あさひなぐ』感想② まさかの哲学 #あさひなぐ

『あさひなぐ』の中で一番好きな人物、もちろん旭ちゃんも好きなんですが、でも、一番は彼女ですね。 河丸摂さんとおっしゃる...

記事を読む

『あさひなぐ』感想① 新時代のスポ根やないの #あさひなぐ

『あさひなぐ』感想① 新時代のスポ根やないの #あさひなぐ

マツオさんが「武道系の漫画で一番」って言ってたから…… 二ツ坂高校一年、東島旭(とうじま・あさひ)、15歳。 中学まで美術部だっ...

記事を読む

『骨は珊瑚、眼は真珠』 感想 #池澤夏樹 さん、ヤリ手やね #骨は珊瑚、眼は真珠

『骨は珊瑚、眼は真珠』 感想 #池澤夏樹 さん、ヤリ手やね #骨は珊瑚、眼は真珠

なかなか味のある短編集。こういう物語も書けるんだ、という発見。 ぼくは不安な気持ちを持ったまま、幸福にやっていくよ。――「眠る人々...

記事を読む

#「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 感想② すげぇリテラシーだよ

#「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 感想② すげぇリテラシーだよ

みんな大好き、司馬遼太郎。 戦国時代の下剋上、幕末維新の大転換、明治から昭和への連続と断絶……歴史のパターンが見えてくる 当代一...

記事を読む

『河童』 芥川……ちょっと後半、衒学的じゃない?

『河童』 芥川……ちょっと後半、衒学的じゃない?

マツオさんが「天才だ」というから読んでみた。 天才かもしれないけど、ちょっと軽い印象。 大正期に活躍した「新思潮派」の作家、芥川...

記事を読む

『スティル・ライフ』 春樹のようで春樹でない

『スティル・ライフ』 春樹のようで春樹でない

この文体とやれやれ系主人公感、春樹的としか思えませんでした。 「大事なのは、山脈や、人や、染色工場や、セミ時雨などからなる外の世界...

記事を読む

『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている』② やっぱりファミレスは良いよね

『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている』② やっぱりファミレスは良いよね

前回の記事の続き。 雑誌『散歩の達人』の連載エッセイ、待望の文庫化!収録されているのは、吉野家、ロイヤルホスト、CoCo壱番屋、び...

記事を読む

『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている 』① 何も悪いことない

『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている 』① 何も悪いことない

チェーン店を馬鹿にする人はチェーン店に泣けばいい。 雑誌『散歩の達人』の連載エッセイ、待望の文庫化!収録されているのは、吉野家、ロ...

記事を読む