『乱歩奇譚』にガッカリしつつある。ノイタミナならもっと攻められたはず。

元々、『墓場の鬼太郎』をアニメ化したくらい攻めていた枠だったのに。

[amazonjs asin=”B004ASO1IK” locale=”JP” title=”墓場鬼太郎 Blu-ray BOX (初回限定生産版)”]

なかなか値下がりしないのね、これ。
1万円くらいにならないかしら。

閑話休題。
さて、ノイタミナのアニメは元々、かなり攻めていた作品が多かったのに、ってぇ噺です。
『モノノ怪』『空中ブランコ』などの荒々しくふてぶてしかった、あのアニメはどこへ。

何が、つっても、今回の『乱歩奇譚』、全然攻めてないのです。
狂気を陳腐にして、ミステリの要素を減らし、男の娘の可愛らしさと黒蜥蜴のイタイ感じだけが強調されている。

これは久々に呆れた、怒りの改悪です。
せめて「原作ファンからだけは拍手喝采!」であって欲しかった。
乱歩のファンが『乱歩奇譚』をみて快哉を叫ぶでしょうか。

あたくしは乱歩のにわかファンではありますが、落胆を隠せません。

The following two tabs change content below.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする