真由とはなんだったのか『響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 後編』 1

真由に悪役を押し付けなかったのが武田先生の矜持なんだと思います。
しかし滝先生の真意はなんだったのか。

位置: 742
「私は、リズって欲張りだなって思ったよ」
風が吹き、緑の芝生が波打った。目にかかる前髪を軽くかき上げ、真由は普段となんら変わらない声音で言った。
「一緒に過ごしていた動物はほかにもたくさんいたのに、青い鳥だけに固執した。最初から欲張らなきゃ、お別れも寂しくなかったんじゃないかなぁ」
「なんか意外。真由ちゃんって、結構ドライなところもあるんだ

この感じ、真由ちゃんトラブルメーカー感あるじゃないですか。期待していたんですが、なかなか爆発しない。「ひっぱるなー」とは思っていましたよ、正直。

どんな悪女なんだろう、ってね。わくわくしてました。

位置: 1,114
真由の言葉が、久美子の触れられたいところを的確になでていく。共感し、言葉を重ね、相手の本心を探る。このやり方には覚えがある。

悪・あすか登場か!ってね。全米が期待しました。しかし、そこで単純な配役に陥らないのが武田先生。「絶対悪はつくらない!」という強いポリシーのようなものを感じます、勝手にね。

位置: 1,718
皆に北宇治を好きになってもらいたい。そう思って行動してきたはずなのに、気づけば久美子自身が北宇治の不和の種になりかけている。「久美子ちゃん」と 微笑みかけてくる真由の表情を思い出し、久美子はついでとばかりにもう一度、秀一の背中を叩いておいた。

きたきたきた!大悪女・真由か!ってね。ならない。
高校の部活を束ねる気遣いというのは社会人や大学生のリーダーとはまた別の素質が必要ですからね。

位置: 1,881
「だいたい、あの子はあの子で遠慮しすぎやねん。なぁ、久美子もそう思わん?」
「それを私に聞いちゃうんだ?」
思わず苦笑が漏れる。「聞いたらあかんの?」と葉月は事もなげに言った。彼女は楽天的だが馬鹿ではない。前から踏み込むタイミングをうかがっていたに違いない。
「確かに、前々から真由ちゃんの遠慮ぐせには困ってるよ。オーディション辞退しようかって平気で言ってくるし」
「でも、それを久美子はちゃんと断ってるワケや」
「当たり前じゃん」
「じゃ、久美子も久美子で胸を張ってええわな」
伸ばされた腕が、強引に久美子の肩を抱き込む。五本の指が、久美子の二の腕辺りを強く握った。
「誰も悪くないのに問題が大きくなるんやから、三年生って難儀やなぁ」
しみじみとつぶやかれた言葉に、不意に涙腺が刺激された。そうなんだ、誰も悪くないんだ。そう、いますぐに声を張り上げたい気持ちになる。

葉月の「あえて」空気を読まない発言。信頼感がなせる技ですよね。
真由の「天然風」空気読めない発言に比べるとだいぶ好ましい。

位置: 1,940
それに、私は今回の件に関して、滝先生を全面的に信じることはできない」
「本気?」
「本気だよ」
麗奈は口を閉じ、ただ一度だけ自身の前髪をかき上げた。細い指と指の隙間から、長い黒髪がこぼれ落ちる。ひどく冷静な声で、彼女は言った。
「だったら、部長失格やな」

麗奈は単純なイエスマンを求めていたのか。
そうではない。ただ、まっすぐすぎて言葉の選び方を知らなかっただけだとあたくしは考えます。知的な彼女において「知らない」と言い捨てるのは難しいですが、久美子への感情が強すぎてつい強い言葉で言ってしまったんでしょう。

ただし、「ソロを真由にする」の真意は最後まで明かされません。ここがあたくしは残念。何かしらで語って欲しかった。なぜなのか。

位置: 2,027
「それは……」
「確かに、私は一般的な吹奏楽部顧問よりも結果を出すのが得意かもしれません。それをコンクールに迎合している、と言われたらそれまでですが。私にはそうした方向に音楽の照準を合わせる能力がありますし、皆さんにも私が求める基準を満たすだけの力がある。皆さんの音楽が上達していくのを聞くのは好きですし、それに結果がついてくればもっと喜ばしい。違いますか」
一つひとつの言葉を、滝は丁寧に積み上げた。そこには彼なりの 矜持 があり、信念があった。

言葉を丁寧に積み上げ、その先に信念を感じさせる。
大切なスキルです。滝先生は立派だ。

つづく。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 3児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする