下駄の鼻緒が痛い件

最近、好んで下駄を履いています。

[amazonjs asin=”B007145HYM” locale=”JP” title=”≪メンズ≫ 着物や浴衣に紳士用 下駄 桐天二 日本製 黒鼻緒 Lサイズ”]

いつもの懐古趣味と、最近の文豪・マイブームも相まって、浴衣に下駄でゴミ捨てに行ったりしています。近所のコンビニ行くのもそう。

寝る時も、ちゃあんと寝巻きに伊達帯で寝てます。
格好つけるってぇこと、年をとってからようやく恥ずかしげもなく出来るようになりました。

ただ、下駄は痛いですね。
鼻緒が馴染むまでは我慢の連続。
柔軟剤をつかって、石鹸を塗って、ようやく履いていたりします。
それでも下駄ズレしたときのために、大きな絆創膏も常備
そういう涙ぐましいのも、恥ずかしげもなく出来るのが30代のあたくし。

高座に上がるときくらいしか、草履も履きませんしね。
ビーチサンダルも、そもそも苦手。
足の皮の薄いタイプの人間なのです。

涙ぐましくウェブで調べる

丸屋履物店さん
http://www.getaya.org/getac.html

このサイトが親切に下駄の履き方を書いてくださっています。
お店は北品川、新馬場駅にあるそうで。

なかなか縁がない場所ですが、しっかりと下駄について書かれていると、それだけで「ここで買いたい!」と思いますよね。

時間があったら訪れて、雪駄でも求めようかしら。

The following two tabs change content below.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする