谷口悟朗監督『無限のリヴァイアス』感想 量産型シンジ・綾波の時代

それこそ24年ぶりに観たかも。

人工衛星リーベ・デルタが、ゲドゥルトの海へと沈下し圧漬する事件が発生。リーベ・デルタで訓練を受けていた487名の少年少女たちは、謎の巨大航宙艦「リヴァイアス」に乗り込み、大人を失った状況下で救助が来るのを待ち続ける。だが、彼らは行く先々で攻撃を受け、生き延びるために戦うことを余儀なくされる……。

十五少年漂流記や蠅の王をモチーフにしたSF作品とのこと。閉鎖的空間での人間関係ってめちゃめちゃ面白いよね。コメディにもしやすい。

放送当時は録画技術が家庭にそれほど無く、一話を見逃したので他は観なかった記憶があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする