高座で急にリズムがとれなくなった

あやめ寄席、終了しました。

会場は多摩市のヴィータホールという、300人弱入る大きなホール。
池袋演芸場より立派じゃないですかね……。
こんなところで演っていいのかしら。

なあんて思いながら高座に上がったところ、冷や汗をかきました。
何十回と稽古したはずなのに、リズムがとれないのです。

もちろん、稽古したからセリフはすべて頭に入ってます。
忘れることなんざないんです。

ところが、練習のリズムで話せない。
不思議な感覚です。言葉が出てこないんじゃない、リズムが生まれないんですな。
しゃべる芸能をやっている人ならではの感覚でしょうね。
何度も何度も練習したセリフが、違和感をもって喉を通り過ぎる。
これは気持ち良くないし、芸にノレない。。

結局、そう言いよどむこともなく、無事に高座は努められたのですが、どうにも納得がいかない出来でした。
なんででしょ。腹に入ってない、ということなんでしょうね。

この道に入って最初の壁にあたったのでしょうか。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 3児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする