末広亭3月中席 小袁治師匠の東北・金明竹を初めて聞いた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ちょっと時間があったので末広亭へ。
何だかんだいって年間会員なので、年に四回は来ることが出来るのです。

特に下調べせずに入ったのですが、入るといきなり雲助師匠。
しまった。どうせ入るなら雲助師匠を頭から聞きたかったです。
ネタは『強情灸』。

他にも五明樓玉の輔師匠の『宗論』、柳家一九師匠の『町内の若い衆』など、良作ばかりの3月中席。
中でもあたくしが好きだったのは小袁治師匠の『金明竹』ですね。

奥さんの実家が山形だそうで、『金明竹』の関西弁でほにゃららなところをあえて『東北弁』にしているんです。噂にゃ聞いていましたが、本物が聞けるとはね。ふらっと寄席に入ってみるもんですな。

聞いたら演りたくなっちゃった。改めて金明竹、稽古してみようかしら。

ちなみにこの夜に米朝師匠が亡くなられているんですな。
なむなむ。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 2児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です