アニメ『オオカミ少女と黒王子』 所詮顔あっての性格だよね!

カサヰケンイチ監督作品だし

『うた恋い』が好きだったので、今回も期待して視聴しておりました。

[amazonjs asin=”B00O41L3PC” locale=”JP” title=”オオカミ少女と黒王子 Vol.1【イベントチケット優先申し込み券 昼の部封入】 DVD”]

孝宏だし、かな恵だし、間違いないかな、と。
後半の作画は結構崩壊してましたが、あたくしはそこにはそんなにこだわらないのです。
ただ、佐田くんの顔が崩れるのだけは何とかして欲しかった。
「佐田くんが格好いい」というのはこの作品の肝であるはず。なので佐田くんの作画崩壊は止めて欲しかったです。

歌はOP、ED、ともに良かったです。
どっちも原作好きな人が作ったのかしら。作品愛を勝手に感じました。

多くの女の子が持つ潜在的なM体質をうまく大げさに描いた作品でした。
「こんな男の子に振り回されたい!」ってね。
最後には両思いであることが分かるってのも大きいでしょうな。
好きでもなんでもない人にはこういう態度で来られても嫌でしょう。

結局こういう風潮を、男たちは遠目に見て、「イケメンは何しても許されるんだ」とか嫉妬するんです。
あたくしも、かつて、そうだった……。
あの頃に比べれば、ずいぶんと悟ったもんですな。

The following two tabs change content below.
都内在住のおじさん。 3児の父。 座右の銘は『運も実力のウンチ』

最新記事 by 写楽斎ジョニー (全て見る)